昨日に引き続き、アンテナ会社プロジェクト同僚3人組とトランベンへファンダイブ。

本当は3ダイブしたかったのですが、明日の早朝フライトとのことで2ダイブ。

3泊5日弾丸ツアーです。ダイビングは中日2日間。

クタ泊ですし、お疲れかと思いきや皆さん元気パワー全開。

 

トランベンに着くと水面に変な波がたっていましたが、水中は穏やかでした。

透明度も雨季の割には、15m前後。水温は28℃。ローシーズンのせいか、ダイバーもそれほどいませんでした。

皆さんカメラ持ち、とにかく撮ろう!

 

リバティー号

船首の方にはカイメンが多いです。

海水浄化作用があります。

 

 

サンゴがごっそり

和風の一枚。夜桜を思い出します。

 

 

カンムリブダイ

 昼間なのにカンムリブダイ様が2匹。ラッキーです。

 

 

 

見上げる

 見上げて撮ります。

 

 

バディ

カメラ持っていても、隊は乱れません。

 

 

 

撮る

船尾を見上げる。

 

 

オニカマス

オニカマス様!

今回は行く先々で遭遇できました。

 

 

みんな仲良し

みんなで順番に撮影します。

中性浮力もばっちりでした。

 

その時、西洋人グループがエントリーしてきたのですが、恐ろしいほど砂を巻き上げて何も見えない。

大きめのおっさんですが、ショートウェットでウェイトを10キロ以上?

完全に腰は下がって、思いっきりフィンキックをするもんだから大迷惑。

気付いてないのは本人だけ。っつーか、後方にまわっているガイド君注意しなさいよと思います。

だから、店主が注意です。

『あんたの後ろすごいことになってるよ。もっと水底から離れなさい!』。

そしたら空気を入れていました。水面まで行ってないこと祈ります。

ローカルガイド君たちのレンタル器材配布を見てて思いますが、かなりウェイトを付させますよね。

もう少し考えた方がいいですね。

 

 

カスミアジ

カスミアジがうろうろ。

 

 

楽しい

安全停止中のみんな。

 

 

 

集中

水中とは思えないこのクリアー感。

集中です。

 

1本目はがっつり潜水時間64分。

皆さん、エア持ちもよし。

 

あっという間のワイワイランチを終えて・・・

 

行ってきます

2本目行ってきます!

小さな巨人と言われる店主ですが、益々小さく見えます。

そんなことはいいのです。

今日の店主は紅一点。

 

 

歓迎

恒例儀式・歓迎の舞

 

ハダカハオコゼ

 ハダカハオコゼを撮っています。

 

 

ウツボの外出

沈船の主・ウツボがもう捕食&徘徊。

はやくねー??

まだ明るいんだけど。

 

THE沈船

各自、水中写真を楽しみます。

 

後半は砂地マクロダイブ突入。

 

ゼニガタフシエラガイ

初めてお目にかかる 小さなゼニガタフシエラガイ3cm 

30cm級のゼニガタフシエラガイは、ナイトダイブでたまに見かけます。

地味ですが、ドキドキしてしまいました。

 

 

ヒレナガネジリンボウ

ヒレナガネジリンボウは、全部で3匹。 

 

 

 

砂地にワクワク

皆さん、もう夢中。

2本目はさらにさらにロングで、潜水時間74分。

今日は2ダイブだからよしとしましょう。

 

他に見られた生物は、アカマダラハタ、オウゴンニジギンポ、ササムロ、アカククリ、セグロリュウグウウミウシ、スパインチークアネモネフィッシュ、クマノミなど。

何百匹もいるゼブラ&チンアナゴ。

日本には3匹しかいないポイントがあって3匹に名前が付いているそうです・・・。

次回、アメッドへお連れしたいです。目が飛び出ると思います。

 

 

 

ライステラス

アグン山側のライステラスで途中下車。

 

 

 

パパイヤ

パパイヤの木 

 

 

 

広大なライステラス

スラヤ山側の広大なライステラス

有名なランプヤン寺院は見えないか・・・。

 

遠いトランベンまで足を運んで頂きありがとうございました。

そして、2日間5ダイブ(実質6ダイブ)満喫させて頂きました。

次回はクタじゃなくて、サファリでいきましょー。

アンテナ会社プロジェクトが無事に終了すること祈っています。

ありがとうございました。