三重県より店主の同胞、S夫妻がやってきてくれました。6年ぶりの再会。6年の間に家族が2名増えていたーーー。

バリ島パパヤスーパーに売っている『開発商品 さかえさんのポテトチップス』を作ったのが、このご主人A氏。張本人です。

A氏がいなくてもローカルが作れるようになって、もう12年。ロングセラー商品ですよ。

 

3歳と5歳

5歳Yちゃん、3歳H君、パパはビーチで待ちます。

子供達は、このまま夕方までずーーーーーっと遊んでいました。

白砂だし、温かいし最高。

H君『ここでマンボウを探してたんだよ』と。

かわいすぎー。

 

さて、今回ダイビングに参加したのは、ママTさん。

このTさんも店主の同胞。元日本語教師。ベトナムでの経験をまとめた著書あり。

店主の同期同士が結婚した訳です。

子供達にもスキューバを体験させたかったらしいですが、小さすぎるのでもう少し待ちましょう。

今日のサヌールは海況よし。水温28℃、流れなし、透明度8-10m。サヌールにしては、上出来。

Tさん、6年ぶりのダイビングということで、簡単なスキルチェックをしましたが問題なし。

そのまま水中ツアーです。

 

ウミヘビ様

心優しいウミヘビ様

 

やっほー

余裕でリラックスTさん

 

 

可憐

ミノカサゴ幼魚

 

癒しー

大きなネズミフグに釘付けガールズ

かわいいーーっ

 

水面休息

東京広尾の訓練が懐かしい・・・。あれって2000年!?

 

 

ヒラムシ

大きなヒラムシだ。

 

 

いーえい

シーウォーカーができたせいか、ロクセンスズメダイにうざいほど巻かれます。

そして、ずーっと付いてきます。

魚も学習能力が高いということですね。

 

いつもいてくれる

クロスジギンポの視線で。

 

きゃーー

ひぇーーーーーっ。

突然目の前に現われると絶叫します。

 

この他にもインドカエルウオ、ホタテウミヘビ、サビウツボ、ツバメウオの群れ、ロクセンスズメダイ1匹VSゴンズイ玉の対決、テンスなどを観察しました。

透明度が悪いことは事前情報でお知らせしておいたのですが、Tさん大喜び。

日本ではよく水族館に行くSファミリー。

『自分が水族館の中に入ってしまったみたい。あんなにいろんな魚がいて、次から次へといろんなものが出てくるしサヌール面白い!』との感想でした。

生物好きには理解してもらえるサヌールのよさです。

1本目は53分、2本目は55分のがっつり潜水。

 

 

 

Sファミリー

12-1プラス子供2名で記念撮影。

 

ダイビング後はのんびりランチをとりました。

子供達はまだビーチで遊んでいたいようです・・。

日本からグリコ商品をたくさん頂きました。

大切に頂きます。

今日は一日ありがとうございました。

何となく、またすぐ会えそうなSファミリー。

ふふふー、楽しみ。