昨日、親友レスタリさんの愛犬が隣人にひどい殺され方をしたためか、昨夜はあまりいい眠りじゃなかった気がします。

こういうことが起こると、まだ簡単に気持ちを切り替えできない、純粋日本人の店主です。

店主の犬も毒殺されたり、持って行かれたりしているためか、どうしても考え込んでしまいます。

異文化理解といえば一言で片付いてしまいますが、こんな低レベルのことはここで全く理解する必要がないことの一つ。

 

さて、どよーんとした気持ちを何とかするために免許更新のため、西デンパサールの警察署へ。

天気もいいので、バイクでドライブがてら出かけました。

太陽ギンギンでしたが、わざとに肌を出し、太陽光をジリジリと肌に焼き付けました。

暑いけど、沈んでいる店主には心地よいかも・・。

免許は10日前に切れているため、無免許状態でデンパサールを横断です。笑

 

受付へ行くと、いつものD警官がいなくて、R女史が対応してくれました。

今年、必要な書類は・・・(バイク限定免許【C】1年間有効)

– パスポート原本とコピー

– キタス原本とコピー

– STMコピー

– 今までの免許書

– 料金はよく分かりませんが、毎年200.000ルピア(1800円)

 

受付棟で受付→免許発行棟ではPC前で内容確認→写真・指紋→免許発行

着いたのが12:00、出たのが12:25、今年はたったの25分で終了。

2年前は3時間、3年前は5時間

 

 

初めてこんなに早く終わったです。

各所待ち時間ゼロ。全部、横入り。

やっと200.000ルピア払う価値が出て来ました!!

 

 

免許証

性能が悪いのか、デジタル指紋機でなかなか読み取ってもらえず。

写真は納得いかず、撮り直してもらいました。

『笑って』と言われたので、微笑んでみました。