カポポサン島へ向かうボートで海水を浴びてしまったお気に入りのリュック。
即効、真水で洗ったのですが、十分じゃなかったせいかファスナーが固まり、壊れてしまいました。
同じリュックを2年前にも海水でファスナー交換することになった店主。
その時は、高いですが『本物YKKファスナー』を指定。
YKKでもニセモノばかりのインドネシアなので注意。
因みに、『本物YKKファスナー』とインドネシアで言いたい時は『ファスナー イーカーカー ヤン アスリー』。

店主御用達、仕立て屋エディへ。
2-3日後に引き取るのかなと思ったら、その場で直した始めたエディ。
3つファスナーがあるのですが、油を差し、ロウをなじませ磨くと、渋かったファスナーがスムースに。

あと問題の1つ、全く動かず閉じることができないファスナー。
これは取り替えるんだろうなと思ったら、塩で固まったファスナー本体をペンチではずし、ファスナー根元を解いて、また新ファスナー本体を端から通したら、閉まった!
ファスナー根元はまた縫い付けます。

おー職人芸!

そして、油差して、ロウをなじませると、元の元気な状態に戻ったのでした。

40分ぐらい修理にかかりました。
そして請求がたったのRp.15.000(150円)
おいおい、自分の能力を安売りしちゃいけないよー。
安すぎるのでチップを350円あげました。
・その場で直してくれたこと。
・新しいファスナーを買わずに直せたこと。
・ファスナーのお手入れ方法を教えてくれたこと。
・素晴らしい職人芸を見せてくれたこと。
店主大満足。

エディの専門は、革製品です。
ジャケット、スカート、財布、キーケース、バッグetc。
ショートの革ジャケット・オーダーメイドはRp.800.000(8,000円)より。
革の質、サイズでもう少し高くなります。
雑誌などから気に入った写真があれば、持ち込むとそのまま自分サイズで仕立ててもらえます。
店主も日本の財布を持ち込んで、作ってもらったことがあります。
観光で滞在中でも、到着してすぐオーダー、帰る日までに受け取れることでしょう。
営業時間は、昼頃から夜10時ごろまで。
場所は、サヌールJl. Pantai Sindu入ってすぐ左手。
Tailorという看板が見えます。
2畳程度の小さなスペースでやっています。
腕は保障します。