東京よりお越しのD氏&Mさんカップルとパダンバイへ。初めてのダイビングでワクワク50%とドキドキ50%。

今回体験ダイビングをやってみようと思ったのは、『せっかくバリに来たのだから、全く別の世界を覗いてみたい』。

そんな風に思っているところに、ガイドブック『まっぷる』をペラペラめくっていたら、サヌール地区にブルパラの宣伝を見つけたので『これだ!』と即予約になったそうです。

寝る間もなく、トーク炸裂であっという間にパダンバイ到着。道路も全然混んでない。う~ん、快適ドライブ。

 

陸上の講習もすんなり頭に入り、イメージができたところで海へGO。

今日のパダンバイ・すこぶる穏やか。透明度18m、波なし、流れ一部、うねりなし、水温27℃!!!!!

あったかーーーーい。

 

1本目、Mさん、水面の練習をしたものの、いざエントリーとなると少々びびり気味。D氏が余裕で入って行くのを見て、女の意地を見せました。

無事二人とも入れたぞー。あとは仲良く手をつないでもらって、店主の誘導。クマノミ、カクレクマノミ、ミナミハコフグ幼魚、コクテンフグ、ヘラヤガラ、サンゴ・・・・全部見るもの新しい!

潜水艦オデッセイ号にも遭遇。D氏は一瞬、巨大な白い潜水艦がジンベイザメに見えたらしいです。笑

 

 

水面休憩中

潜れた喜び、その興奮を振り返ります。

D氏、実はサーフィンをやっていたこともあったらしく、1本目にして『ダイビングの方が面白い』という言葉が出てきました。

いつも寒いので熱いお茶を持っていきますが、今日はエキジット後も暑いぐらいでした。

 

 

2本目、D氏はバックロールエントリーに挑戦。→ボートから後ろ向きにひっくり返るエントリー方法

すげーーーーっ。完全、水の人です。

Mさんも恐怖心より楽しみの方が増えたようで、積極的にエントリー。

入ってすぐ、キラキラした群れが近づいてきました。大きな口を開けて捕食中のグルクマの群れ!!

モンハナシャコ、オヤビッチャの群れ、チンアナゴ、大きなナマコ、アオヒトデ・・・・たくさん指差しがありました。

スムーズに快適ダイビングができて、42分の水中散策。

 

『魚たちもちゃんと生活しているんですねー』とお二人。

D氏もMさんも、余裕でじーーーーーーーーっくり生物観察をしていたので、こんな言葉が出てきました。

そういうことが伝わって、なんだかとても嬉しい!

 

ダイビング中、全く酔うことなくビーチへ戻ります。

 

今日のボートマン。

ビーチへ戻ると、必ず奥様が荷物運びを手伝うパダンバイです。 

 

 

無事終了。

『2本で終わりですか?』とまだ潜り足りない感じのD氏。笑

このキラキラスマイルのお二人。あっぱれ!

感動が冷めません。

 

日本が暖かくなったら、二人ともライセンスをとることを決めたようです。

ライセンスをとったら、次回はバリ島でガンガン潜りましょう!

その時を楽しみにしています!

ありがとうございましたー!