今日はK君たちのファンダイブ。最終3日目はアメッドへ。毎朝7時お迎え、フロントには朝食ボックスが3つ。3日目ともなるとこのリズムにも慣れてきました。

 

 

アメッドはいつも通り、快晴。アグン山を目の前にしてエントリーです。 

 

3ダイブとも水温28℃。アメッドは温かくていいですね。

1本目ピラミッド。透明度は20m以上。ブラックフィンバラクーダ2匹、求愛中のマダラハタ、チンアナゴ畑、ヤッコエイ畑、ミノカサゴ、キンセンフエダイの群れなどを見ることができました。 

 

 ステキなお帽子のヤドカリ。

 

安全停止中でも離れることがないM子さんとTさん。

因みに流れゼロ。

身内にしか分からない面白い写真。笑

 

2本目、ギンガメポイント。

K君のリクエストは、『トランベンでもう一度ギンガメアジにまかれたい』。

去年のギンガメダイブがとても印象に残っていたようで、今回はカメラ持参でどうしても撮影したかったのです。

しかし、今年4月後半でギンガメアジはトランベンより消えました。

厳密にいうと、トランベンドロップオフで30匹ぐらい、リバティー号に2匹います。

そして群れの大半がアメッドへ移動。

トランベンのギンガメたちがアメッドで合流できるといいですね。祈

 

 

K君が再会したかったギンガメアジの群れ!

ロウニンアジも3匹。

 

 

10m付近をずっといてくれました。

 帯状だったり、巻いたり。

 

 

アメッドはサンゴも元気。ウメイロモドキの群れ、ササムロの群れ、ヒメフエダイの群れ。

ギンガメは現在こういうところに定住。 

ダイバーは私たちだけ!

 

K君、写真や動画の成果は?

 

 

楽しすぎる!!! 

他にダイバーがなく、独占でギンガメたちと戯れます。

 

 

黒い固体が2匹ぐらいいました。なぜかこのペア、ぴったり離れません。

 

 

ギンガメを堪能し大満足のM子さん、Tさん、K君!

休憩中もその感動が冷めません。 

 

3本目はビーチダイブでまったり。

エントリーしてまず挨拶しなきゃならないセバエアネモネ。あれ、減った?

 

 

ちょっと時期が早いのですが、チョウチョウコショウダイの幼魚。

K君、格闘していました。 臆病な上、動きがすごいですからねぇ。笑

 

 

ツバメウオ幼魚たちのクリーニングステーション。

めちゃカメラ目線。

はいはい分かりました。撮りますよー。

 

ダイビング打ち上げは、サヌールのオススメレストラン『マッシーモ』。

ハードな3日間でしたが、閉店までダイビング話に花が咲きました。

1ダイブ1ダイブが全部思い出!

今日はご馳走になってしまいました。

日本からのお土産まで・・・涙。

感謝です。

 

M子さん、30年かけてログブック1冊目卒業おめでとうございます。

Tさん、30年ぶりのダイビング再開おめでとうございます。

T君、3年後、インドネシア駐在員ですね。お待ちしております。

 

3日間ありがとうございました。