早朝出発でトランベン3ダイブ。本日はブルパラ2回目のゲストたちが集合!ジャカルタより鉄人28号K氏。

そして、東京よりお越しのK君、K君の母M子さん。そして、M子さんの親友Tさん。

K君は去年、バリ島経由で『深夜特急』を果たしたたくましいバックパッカー。M子さんとTさんは、中学時代の同級生というではありませんか。ずーーーっと同級生と交友が保てるって羨ましい間柄。しかも、30年前にライセンスをとったお二人。M子さんは去年ダイビングを再開しましたが、Tさんは約30年ぶりのダイビング!大先輩たちです。

 

1本目、ドロップオフへ着くと、まさに事故者がぐったりで酸素吸入を受けている場面に遭遇。

意識はありましたが、ショック状態でかなり海水を吐いていました。

何があったのか聞ける雰囲気でもなかったので、自分たちの準備を進めます。

気を引き締めていきましょう!

 

ドロップオフなのに結構波はたっておりました。

TさんとM子さんのスキルを簡単に見せてもらうと、余裕。

実は、30年ぶりのTさんは、バリ島直前にプールで復習トレーニングを受けてきたのでした。準備万端。

透明度も若干落ちていましたが、深場へ行くと透明度は20m。

キカモヨウウミウシ、オックスアイスキャッド、ギンガメアジが30匹ぐらいの群れでいました!

スミレナガハナダイ♂はうじゃうじゃ。大好き!

 

2本目・3本目 沈船リバティー号

こちらももっと波があって、結構転倒者が目に付きました。

 

記念撮影パチリ。行ってきまーす。 

 

こんなツーショットが可能なトランベンです。 

 

 

きれいにまとまりました!

 

 

長いブランクに終止符をうったTさんとバディ鉄人K氏。

 

 

ブリーフィングを守ってダイビングします。

 

 

トランベンにたくさんいるクダゴンベ 

 

 

キンギョハナダイ♂

店主のイメージ通りに撮れました!

 

 

K君はカメラに夢中。3本目はバッテリー切れ。予備バッテリーを持ちましょう。

 

 

あそこのあの子は、また子育て中。

大忙しですわ。

 

3本目に出てきたカンムリブダイ1匹。

最近、5mの同じ場所で、かなりカリカリサンゴを食べています。

相当うまいに違いない。サンゴにがっつく音がすごい。

どうも同じ個体のような気がします。

 

知らない人同士が、ダイビングを通じて知り合いになれるっていいですね。

思い出が共有できるから?

皆さん『魚影が濃い』と喜んでいただけました。

丸一日、ダイビングありがとうございました!

 

今日はスポーツマン男児が2名いたので助かった・・・。笑