群馬よりお越しの臨床検査技師ガールズ3名とファンダイブへ行ってきました。クタ、サヌール、パダンバイまでは、早朝のせいか順調すぎるほど順調・快適ドライブ。

ところが、パダンバイに着いてびっくり。オダラン2日目で大渋滞。迂回させられすぎて、どこを通っているのか分からなくなるほど。

バリ島特有の『オダラン』とは、その村のお寺の誕生日。最近、時期のようでどの地域も遭遇します。

とにかく、めでたい祭事です。

湧き出て来るバリ人らをかき分けるようにして、やっと海へ。

ビーチ前はこんなんで笑ってしまいました。縁日です。

 

 ①ぬいぐるみ売り

道路塞いで、これでもかってぐらい並べています。着替えるところがない・・・。

 

パダンバイの海は見るからに穏やか。

因みに本日のガールズたちは全くマクロに興味なし。

大物、お魚の群れ、地形が好み。

 

1本目ジェプン

冷たかったー。24℃だったので、先日よりはマシ。

 

ハナダイの群れの中で安全停止。

アカヒメジ、キンセンフエダイの群れなどにまみれました。

オデッセイ号にも2回遭遇、ツバメウオの群れもばっちり。

 

 

2本目ドロップオフ

もっともっと冷たい。20℃。全く逃げ場が全くなく、ブルーラグーンの4m浅瀬まで冷水でした。

これはしんどかった・・・。きれいだけど冷たい。

小柄なHさんは寒さに強い。Mさん、Tさん、店主は寒さにとても弱い・・・。笑

 

 

入ってすぐに移動中のLarge spotted snake eel。ウミヘビです。

すぐ近くに先日のヨウジウオ赤ちゃんが頼りなくおりました。

母親から10mぐらい離れていますね。

 

ブルーラグーンでは冷たさの中、ハナダイ、スズメダイの群れ観察。

 

こんなに冷たいならマンボウがいてもおかしくないですが、いませんでした。

本日、ミンパンはマンボウ4匹だったとか。19℃。

 

2ダイブ終えて、常夏のはずなのに震えながらランチ休憩でビーチへ。人間ウォッチングが面白い。

  

 ②ドリアン売り

わざわざシデメン村から売りに来たそうです。匂いがとても苦手な店主です。

 

  

③風船売り

どれが欲しいと言われれば、ウーピーが欲しいですね。

一つ一つよく見ると、どの風船も微妙にかわいくありません。 

子供たちは欲しがるんだろうなぁ。

 

 

 

④布売り

頭に担ぎます。このバランス感覚。

 

 

 さて、ランチ&太陽&物売り観察で体が温まったので、3本目出動ガールズ。

行ってきますだー。

 

3本目は24℃。

全然冷たく感じない・・・。比較の問題ですね。

 

 エダサンゴの群生にいつもいるアヤコショウダイの皆様。

 

 

そして、皆さんが大喜びだったウミガメ様。捕食中のところに遭遇。

 

 

なかなかオダランを間近で見られるダイビングポイントはありません。

渋滞で朝は参りましたが、お祭り騒ぎを興味津々で観察するガールズでした。

普段は伊豆で潜っている経験豊富な本日のゲスト。冷たかったけど、透明度がよく魚影が濃いとのお言葉。

やったー。