我が家には小さな池があります。
魚がいるけど、入居時に大家さんに「餌をあげなくてよいから・・・」と言われ、2年以上何も与えたことがないんです。
ほんと、何も与えなくても、活発に動いている影だけは視界に入っていました。
毎日ドタバタで、その魚をじっと眺めたことがありませんでした。
昨日まで。

初めて池の前に座り、魚たちを観察。
淡水魚でよく分かりませんが、コイ科なのかな。
全体的に黒ぽいですが、光が当たると七色の光沢があります。
で、すごい数。

いかにもビックママが一匹(12cm)。
その次が、8cmぐらいのやや大きめが数十匹。
0.5cm〜1cmぐらいの子供たちが無数。
一匹だけ、違う種類がいるような。
こんなにたくさんいたんだ。

じわじわっと、感動。

海では、餌付けするダイバーを白い目で見ている店主です。
しかし、ここは我が家。
池の掃除係(車の運転手)が、たまにパンをあげているのを知っていたので、店主もあげてみました。

すご〜〜〜〜〜い!
みんな大騒ぎ。
そして、これ楽しい。

最初はパンを投げてましたが、今度は指から直接あげたり、足の指にパンをはさめてあげてみたり・・・。
歯が多少痛いのかと思ったのですが、ついばむ感じ。
全然、痛くない。
で、調子にのって、店主は、ズボンを巻く利上げ両足を池に入れてみました。

そしたら、皮膚をついばんでくれる!
気持ちいい。

そういえば、去年から、バリ島でもフィッシュスパが入ってきたところです。
プラザバリは、20分10ドル。
ハーディーズは、Rp.50.000(500円)かな。
日本では、ドクターフィッシュとかいってますね。

我が家の魚たち、スパで使われるガラ・ルファという種類ではありませんが、角質をついばみます。
ビックママは臆病すぎて、出てきません。
中ぐらいのは、数匹がついばむ。
ほとんどは、小さな若いのが角質を好むようです。
それかまだ警戒心がないせいなのか、よくわかりません。

池のある場所は涼しい木陰です。
足を池に入れて、ついばまれながら、1時間以上読書しました。
コーヒーを横において。
水が冷たいので、気持ちいいです。

上がってその魚効果は?
足裏の角質がやわらかくなりました。
そしてつるつる。

ついばみは、角質落とし、マッサージ効果、リラックス効果があるそうです。
海外では、アトピー、にきび、疥癬治療でも使われているようです。

なんだか、この発見が入居2年以上経ってから知る店主がアホだと思います。
こんな近くにこんないいものがあったなんて。
灯台下暗しとはよくいったものです。

気持ちいいのもそうですが、池の魚たちがかわいくなってきました。
引越しする時、困るなぁ・・。