群馬よりお越しのJ氏&Mさん夫妻とリクエストだったサヌールで体験ダイビングでした。

今日は新月ということもあるし、サヌールでのダイビングなので、潮見表でいい時間を選んだのですが、どう見ても水面はばたついている。涙

やはり、まだ乾季のサヌール。読めません。

さて、どうなるか・・・。満潮までに時間に余裕があったので、じっくり陸上での講習。

 

レギュレーターでの口呼吸について

初めて見るものなので、ご夫妻は興味津々。

レギュレーターが口から取れたらどうする?

マスクに水が入ってきたらどうする?

『ふむふむ、なるほどーっ』

 

質問、不安がクリアーされた状態で海に入ります。

 

海は、陸上講習が終わっても水面はまだバタバタ状態。透明度悪いだろうな・・・。

水面が結構な流れ。器材装着するまでに、奥様Mさんが酔ってしまいました。

ご主人J氏は、酔い止めを飲んでいたこともあり問題なし。

具合悪くなってきたこと&水面がバタバタしていることで、Mさんギブアップ。

残念ですが、J氏と店主は潜行。耳抜きも呼吸もよい安定しています。

潜行してしまえば、水面ほど流れがなくツバメウオ、クマノミ、ネズミフグ、スズメダイの群れを観賞。

砂が舞い、透明度は5mぐらいでしたが、J氏は初めての水中散策を楽しんでいた様子。

残圧計、深度計を見る余裕すらありました。

 

エキジットするとボートで待っていたMさんは、酔ってしまってぐったり&真っ青。

J氏は、Mさんにとても優しい。『もう止めて上がろうか?』

Mさんも優しい。ダイビングができて楽しんだご主人に対して『大丈夫。楽しかったんでしょう。待つから大丈夫。』

お互いに気遣いと優しさ・・・こういう夫婦愛、いいなぁ〜。

これ、結婚5周年記念旅行なんです。

 

ということで、出した解決は『ボートでの休憩を短くして、2本目もご主人はダイビングする。でも、短めに。』

1本目最大5.5m(平均深度3m)だったのでOK。

 

流れは少しマシになり、慣れたJ氏もすんなり普通にエントリー。上手。終始落ち着いています。

ツバメウオの群れ、岩の影に巨大ゴンズイの群れで面白かったです。大きなナマコにも目が釘付け。

2本目は奥様への愛により30分で切り上げました。透明度は10mぐらいに回復。

 

 

陸に上がると、Mさんもすっかり元気。よかったー。

リベンジで、また絶対にバリ島に来てくれると約束してくれました。

酔わなければ、潜行できたと思うと残念です。

これまで、スカイダイビングやバンジージャンプなど、あちこちでチャレンジャーのご夫妻。

かなりアクティブです。

店主は、お金もらってもスカイダイビングはできないです。

物が落ちる速度で自分が落下するなんて・・・こわーーーーっ。

 

このサンドイッチうまかったーーーです。

ランチは、海外移住について話に花が咲きました。

現地事情話は、お任せください。

2000年から、失敗はたくさんしている店主です。

 

初めてお会いするゲストなのに、日本からのお土産を頂きました。

日本スイーツ。

疲れた体に癒し。

お気遣いありがとうございました。