よく店主の日記にも出てくるL子ですが、彼女について。
店主の知り合いなら、ほとんどの人が知ってるぐらいいつも一緒にいます。(いました)
友達?家族?秘書?仲間?子分?先生?生徒?管理人?栄養指導係?
L子は、うちらのこの近い関係についてたまに言うのは・・・

『私たち、前世も関係あったと思いますよ。』

まじかいーーーーーっ?笑

最近は、仕事の関係で週1回ぐらいしか会えませんが。
毎日一緒の4年間だったので、やはりいないとサビシイです。
ランチタイムがなくなったのが痛いです。

L子は、埼玉の川越というところに5年間仕事でいたことがあります。
だから、店主との会話はほとんど日本語。
L子、はっきり言ってインドネシア語はかなり下手です。
日本語で言えても、バリ語で言えても、インドネシア語で言えない単語が多すぎ。
きっと、国語の成績は悪かったはずです。

高校まで出た割には、算数は小学校4年生レベル(ネットで判定お墨付き)。
歴史は、全然分かっていません。
インドネシアの地理、というかバリの地理もうといです。
バリ語も書けません。

でも、バリ人にも日本人にも、かなり愛される性格です。
天然で明るい。
怒鳴り散らしても、うらまない。
謝って反省ができます。
ここバリでは貴重です。

日本で最初は、生活が慣れずに大変だったようですが、今は超・親日家。
バリ島には日本語ができるガイドがたくさんいますが、そういうレベルではありません。
L子は日本人の心・気持ちまで察して理解し、日本人とほぼ似た感覚でコミュニケーションができるのです。
そういうガイドさん、なかなかいません。

そういう意味ではバリ女性の中で、日本語話者ナンバー1だと店主は思います。
ちと、ほめすぎかな。

これも川越の社長にしごかれた賜物だと、いつもL子に言い聞かせています。
相当、厳しい社長だったようです。
時々、茶碗や箸が飛んできたりしたそうです。

店主、この10年を振り返ると・・・
スラウェシ島のマカッサル時代、た〜〜〜〜くさんローカルの女友達がいました。
イスラム社会だったせいでしょうか。
女性同士でよくつるんでいたものです。
女性同士、手をつないで事務所でもパサールでも歩きます。
人力自転車ベチャ、乗り合いバスPETE-PETE、膝の上にでも座れちゃうぐらい密着度。
最初、女性とのスキンシップが気持ち悪かった店主ですが、それも不思議と慣れるもんです。

しかし、バリへ引越しすると・・・。
女友達が全然できない。
スキンシップの人たちを見ることがないです。
ずっと不思議なことの一つ。
日本人女性に敵意でもあるかのように、頭から足まで全部見られて、ふ〜んみたいな。
どこへ行ってもそういう視線。
何か見えない境界を感じるので、バリはこういうところなんだと割り切ることにしました。

なので、バリ人女性の親友といえるのは、このL子だけ。
貴重な存在なのです。

バリ人のくせに、30歳でやっと稼げるバリ人と結婚。
そしてすぐ子供ができて、その子がまだ1歳にならないのにまた妊娠3ヶ月。
育児休暇3ヶ月を経て、職場サヌールに復帰したと思ったら、またすぐ妊娠。
店主にとっては、都度の行事が妹の門出を見るかのような感じです。

現在、L子は村で生活しているため、村女性たちの集まりに毎日参加しなければなりません(町生活は異なります)。
死んだ人がいれば葬式準備、結婚する人いれば結婚準備、満月だ、新月だ、お化けが出る日だ、木の日だ、お金の日だ、工具の日だ、動物の日だ、学問の日だ、お盆だ、乳児のお祝い行事だと、毎日お供えもの準備に借り出され、本人へばっています。

やはり、サヌールまでバイクで片道1時間かけても、共働きで仕事来てた方がよかったと嘆いています。
そりゃサヌールの職場で、毎日居眠り6時間以上はできたしね。笑
村で生活するってことは、女性たちの集まり参加義務、家事、育児に24時間、身をささげなきゃいけない。
嗚呼、バリ嫁よ〜。

昨日、L子が妊娠中の身分で久々にペジェンからバイクで下りてきた。
第一声が 
『もう、田舎生活、たいへんです〜っ』
確かに痩せてる。
サヌールという都会で、何が食べたいか聞いてみました。

———
『MP(えむぺー)にしましょう。デンデンの気分です。ご飯1人分持ってきました!!』
———

これ、店主たちにしか分からない略語を含んだ会話なので訳すると・・・

——–
『Masakan Padang(パダン料理)にしましょう。牛の干し肉を今日は食べたいです。テイクアウトすると一人分のご飯が少ないから、余分に1つ自宅から持ってきました。3つのご飯を私たち2人で食べましょう。』
——-

よかった。
店主もデンデンの気分よ。
やっぱランチに関しては、以心伝心ね!
ご飯も持ってきてくれるなんて、なんて気遣いができるんでしょう。
っつうか、店主たち大食いすぎるんです。

MPランチを終え、デザートタイムではナシをむいて食べる。
コーヒーを飲む。
飲み終わらないうちに、L子、もう目がとろとろ。
白目で意識モウロウ状態に入った!
食後、即効、昼寝に入ります。
そして寝た。

妊婦L子が寝てる・・・・。
店主のヨガマットの上に、妊婦L子が寝てる・・・。
これ、すごい光景。

電話がなっても、SMSが入っても、店主が電話で話してても全然動かない。
ただ、ただ、寝る。
ず〜〜〜〜〜っと寝る。
そのまま2時間、店主のヨガマット上で妊婦が寝てました。

2時間後、寝ぼけ状態で起きて第一声。
いきなり・・・・

『あー寝ちゃった〜。どう思います?次の子供、多分女の子だと思うんです。女の子だったら、私が名前つけていいって主人が言うんです。ユリってどう思います?日本語でつけたいんですよー。ユリって花の名前ですよね。きれいですよね。Jangan nakal YURI !!(だめだめユリ!)。響きがいいと思いませんか?』

起きてから話せよー、と思うのは店主だけでしょうか。
恐るべし、L子。
いつも、このペース。

でも、このL子のお陰で、バリ文化への理解度が深まったこと確かです。
持ちつ持たれつですね。
今後も頼むよー、L子さん。

さて、ユリちゃんのお祝いは何にしよう。