本日は昨日に引き続き広島からお越しのM氏とパダンバイへ行ってきました。

完全、店主とプライベートダイブ!

 

水温は、24℃〜26℃、透明度は15m−20m。流れはなかったものの、ドロップオフからブルーラグーンにかけてはうねり気味。

ブルーラグーンはサージがひどく透明度も砂が舞ってひどかったために、湾に入らず避けました。

 

まだ見たことがなかった沈船

 

下のヤッコエイ、尻尾がない!食べられたのか?でも、普通に泳げます。

 

 

大きなキツネフエフキとカスミアジは、なぜか一緒に組んで長いことハンティングをしていました。

仲がよい友達ですね。

 

 

かなりうねっていても、オイランヨウジは尻尾を巻きつけ現状維持。

 

シマヒメヤマノカミだと思われます。珍しい!真っ赤で美しい。

 

M氏が興味持つ生物は、へコアアユ、ゴンズイ、ウツボ、丸いセンジュイソギンチャクのハナビラクマノミ、シャコガイ、ウミウシ4種、ケヤリ、タテキン幼魚、ミナミハコフグ♀、シマウミスズメ、コガネキュウセン、モンダルマガレイ、巨大マダラエソなど・・・

 

5年前のリベンジで酔い止めを飲んでダイビング。2本目は最初から最後までうねりダイビングとなりましたが、問題なし。

生物にとても詳しいM氏。パダンバイには面白い生物がいっぱいだったそうです。

楽しんで頂けて何よりです。

 

5年ぶりに再会できて嬉しかったです。

またふらっと現われてください。