今日はレスキューダイバー講習1日目。東ジャワ・スラバヤ市より早朝便で飛んだK氏の到着を待って、学科とプール講習開始となりました。昨日、EFR講習を終えたTさんと講習です。K氏、明け方4時ごろの出発でホントお疲れ様です!多忙な駐在員ですから、あまりまとまった休みが取れず、数ヶ月前にEFRだけは取得済み。ただ、数ヶ月前にレスキューマニュアルをお渡ししておいたので、予習はばっちり。

お友達同士でもあるK氏とTさんのレスキューダイバーコース、さてどうなるか?因みにK氏もTさんも、経験本数は200〜300本のベテランダイバーです。

 

お昼過ぎまでびっちり学科。そしてブールへ。順調にいろいろなレスキュースキルを実際にやってみます。

 

最終、『反応のないダイバー』。レスキュー呼吸を水面でしながら曳航。

 

 

陸揚げ、『ライフガードエキジット』をしようとして、笑い転げてまったく持ち上がらず。笑

事故者K氏は水に顔が浸かってしまうし、Tさんも力が弱い。

少し持ち上がっても、顔、胸、お腹などがプールサイド角にぶつかってしまう。

K氏、ぼろぼろ。

店主も運転手も、大笑い。当人たちも大笑い。まるでコメディ映画。

こういうドリフ的なアクション・・インドネシア人のツボにもはまってしまったようです。

事故者役は大変です。

 

 

 何度も練習を重ね、陸揚げできるようになってきました。ただ、30秒の中断で済まず。

 時間のロスについて二人で研究。積極的に取り組むK氏とTさん。

 

 

 ぼろぼろのK氏が救助者。

 

 

 

男の人はやはり軽々と女性を引き揚げます。

二人とも納得するまで、練習。

 

結局、プールを出たのは真っ暗19時。あっという間のプール5時間でした。

レスキューダイバーは、体力勝負。

明日も楽しみです。