神戸よりお越しのUさん&Sさんとパダンバイへ行ってきました。不動産会社で先輩と後輩だそうですが、ステキなお友達同士でもあるそうです。

Uさんはファンダイブ(水中カメラ持参の地形派バリバリダイバー)、Sさんはシュノーケリング。

 

海況はまあまあ、流れなし。水温26℃。ただ・・・・・・・・・・・・

透明度が悪い!!!緑の海。

 

この時期、緑の海は、1週間ほど続くんですよね・・・涙。

せっかく地形派ダイバーのUさんなのに、店主はエントリーして残念な気持ちになりました。

 

ヤッコエイの数がすごかった。しかも逃げない。

 

 

 もうすぐ100本ダイバー。日本ではイントラ友達とバディダイブで潜ることが多いそうです。

 

 

シュノーケリングのSさんは、水面で少し酔い気味。インスタントカメラを持参で浅瀬を楽しんだそうです。

 

 

『緑の海』で残念な透明度であることをUさんに告げると・・・

『日本よりきれいですーーー!』とお世辞抜きに感動している様子。

『えっ?いつもどこで潜っているんですかぁ?』

『和歌山とか・・・』

Uさん、かなり透明度の悪い海で鍛えられてきたと店主は推測しました。

さすが100本ダイバー。

グローブや指示棒使用の意味など、水中マナーもしっかり心得ておりました。

きっと、最初に素晴らしいインストラクターに出会えたのでしょう。

 

 

 2本目エントリーUさん。かっこいいですねぇ。

6歳の息子さんがいるように見えない・・・。

 

 

撮る・撮る・撮る

 

 

お久しぶりのミヤケテグリ3cm。店主のスイッチが入ってしまいました。

 

 

正面顔、口角が上がっていて癒されます。 

 

 

 5mから水面を撮影するUさん。

 

見られた生物は、クマノミ、シマウミスズメ、ウツボは4種5−6匹(移動中も遭遇)、ハダカハオコゼ(茶)、アカホシカニダマシ、ハナミノカサゴ幼魚など。

貴重な瞬間、潜水艦オデッセイ号にも遭遇できました。

 

 どんより雲だったのに、ダイビング中からこの日差し。晴れてよかった。お疲れ様でした!

 

 

今回新規のゲストだったのですが、信じられないほど和食のお土産を頂きました。

どっさり、そして重い。なぜ????

人の温かさにウルウルきてます。

毎回感じる『ご縁』とは不思議なものです。

また、バリ島で待っています!ありがとうございました!

 

久々の神戸弁に店主は癒されました。