本日はトランベンへ行ってまいりました。沈船リバティ号まであと5分のところの車窓。アグン山がくっきり見えます。

このアグン山(3142m)が噴火したから、トランベンの沈船ポイントがあるのです。

でも、当時、被災した周辺の村人たちは大変な苦労をされたはず。村が壊滅ですから・・・。

 

 

今日のトランベン、風の影響で波が少し出てきました。水中は穏やかですが、数日前の透明度より落ちて15m程度。水温は28度。

ギンガメアジはついに1匹もいなくなりました。船尾向こうにいたセバエアネモネフィッシュ一家も、いそぎんちゃくごと消えました。→泣けます。

トランベンで何か起こった気がします。水中、何かが違います。

 

この店主の違和感はさておき・・・

今日はニョマンインストラクター率いるファンダイブのO夫妻チーム、そして店主は体験ダイビングを担当させていただきました。

ジャカルタからお越しのKさんと日本から来たSさん。二人とも大の仲良しで、共通点は癒し系(店主の視点)。

細くてタンクをかつげるのか心配でしたが、意外と強くて波にも負けずエントリー。

沖縄で体験ダイビング経験のあるSさん、沖縄では10分ぐらいしかダイビングさせてもらえなかったとのこと。

今日は体験とはいえじっくり潜っていってもらいました。ギンガメはいないけど、ササムロに巻かれました。

 

 みんなで記念撮影。お疲れ様でした!!