沈船があるトランベン手前のアムラプラという町へ行ってきました。
カランアサム県の一番大きな町のはずなのですが、さびれている。
何もないところなので、いつも通るだけ町。
うちの運転手が交際10年の末、やっと結婚することになったのでどうしても行かなくてはならなかったのです。
義務感だけ。

せっかくだから面白くしたいし今回はバイクで。
じゅんこイントラ&バリ嬢L子。店主入れて、女3人バイク3台。もう結婚式なのかツーリングなのかわからない。
さすがにバリの伝統衣装クバヤは止めて普段着で参加。
サヌール→アムラプラ1時日間半ぐらいですが、交通事情が悪くゆっくり。
しかし、バイパスが延びているので新しいところは、まだなめらかで気持ちいい。

田舎のくせに一方通行が多く、会場の家を探すのが大変でした。
なんとか見つけ、運転手の晴れ姿を撮影し、食べてすぐに出てきました。
大切なのは参加すること。

次は、トゥガナン村へ。約30分。
チャンディダサというミンパンやテペコンが見える町から山へ上がっていくとあります。
グリンシンというダブルイカットの村があります。
その村の偉い人が亡くなりました。
お世話になっていた方で、人間として店主は大好きだったのです。
年に何度か会うだけでしたが、お邪魔するといつも人間らしい話を聞かせてもらっていました。
お寺の和尚さんのようにいい話をたくさんしてくれました。
偉い人なのに、全然横柄な態度なし。
まだ57歳という若さで突然逝ってしまわれました。
ショック。
なので、火葬は28日なのですが、せめて家族に挨拶しようと思い寄りました。
村は、村の先生のような存在を失くし、この先どうしようという雰囲気が漂っていました。
助けを求めにやってくる人を拒むことがなかったそうです。
店主も日本式に手をあわせてこれまでのお礼をしてきました。

チャンディダサで待っていたじゅんこイントラと合流して、サヌールへ。
1時間ちょいのバイクツアー。
バイパスを走る走る。
でも、帰りのバイパスは道が悪いんですよね。(行きはなめらか)
のろのろダンプカーが道路を壊すので乗り入れ禁止にしてもらいたい。祈

無事、サヌールへ到着。
そして、サヌールはクリスマスモード。
準備、準備。
ドイツのホットワインというのを初めて飲みました。
赤ワインを鍋にあけて熱くします。
それをカップで飲みます。
おいしい。
寒い雪の中で飲んだら、尚おいしいと想像されます。

運転手の結婚式
亡くなった友人と対面
クリスマス

不思議な一日でした。