2泊3日のダイビングより昨夜戻りました。いやー、天気もいいし透明度も最高。リピーターのベテランさんばかりで、ガンガンダイビングとなりました。

 

1日目:4月6日

まずはパダンバイへ。思わぬ渋滞に巻き込まれ、1時間遅れで到着。バリのムラスティでした。みんな海へお祈りへ行く日だったのです・・。

パダンバイは透明度がよく、水温も28度。全員マクロカメラ派ダイバーでまったりダイビング。タテキン幼魚、巨大コブシメ、オランウータンクラブなど満喫。

潜水艦オデッセイ号を至近距離で見ることができました。

 

 

さらっと2ダイブ終えてトランベンへ向かいますが、やはり田舎道ですら少々詰まり気味。

バリ人は大忙しの日。

 

トランベンには夕方到着。そのままジャカルタよりお越しのダイブマスターK氏のエンリッチドエア学科スタート。

今回は水面休息を利用して、学科を勧めることになりました。ハードスケジュールのK氏、へろへろです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ナイトダイブは全員でエントリー。満月の沈船ナイトダイブ、幻想的なんです。

きれいに満月が出ていました!ただ、水中は流れが少しあり。

 

2日目:4月7日

沈船でサンライズダイビングの後、2本目はバトゥクレビットへ移動。

 

 

目の前にあるアグン山。素晴らしい景色でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バトゥクレビットは透明度が30m。ダイナミックな地形です。 

 

 

 

                                                              みんなそれぞれに写真に力が入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロユリハゼがいっぱい。                                   エキジット後、すぐに体を温めたい方は、石に寝るのが一番です。

                                                                  かなり熱い!

                                                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はドロップオフへ。これまたべたなぎ。透明度30m。                

かなりダイバーが入ってました。 

                                                これはZ子の祝200ダイブ記念。衣装のことを考慮し、

                                                ブルー中層での撮影となりました。

                                                おめでとうございます!

 

 

K氏はナイトロックスを実際に使ってダイビング続行。

店主、ナイトダイブは欠席です。疲れましたです。笑

夕食後、ナイトロックスの学科テスト。

無事合格、おめでとうございます。

水中カメラで長く潜るダイバーなので、エンリッチはK氏に必須アイテムといえます。

K氏の作品は、ジャカルタ串銀に一部ギャラリーがあります。

 

そして3日目:4月8日

早朝ダイビング!朝日拝んでエントリー。

今日も透明度が抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝名物、カンムリブダイは30匹の群れ。

今回は、前歯が折れている個体を発見。

1枚歯って折れると辛いですなぁ・・・。

                                                                   そして足元にヒレナガネジリンボウ発見。

                                                                   こちらも個体数が増えています。

 

 

最近、カップルになっていたハダカハオコゼを撮りに行きました。でも、事件が。

茶とクリームのカップルをみんなで撮影していたところ、新入りピンクが近寄ってきました。

『このピンク初めて見た!』

ダイバーなんてそっちのけで、目の前でメスの奪い合いが始まったのでした。

元々は、茶色とクリームがカップル。

そして熾烈なオス同士の喧嘩が・・・。クリームvsピンク。

上記写真は、ピンクがメス茶色と接触しないように、クリーム彼氏が合間に入っているところです。

そしてオス同士のにらみあい、茶色メスの上にオス2匹が乗って戦うなど、もうぐちゃぐちゃ。

3匹が混戦。

そのうち、下敷きだった茶色メスが逃げ出しました。そそてクリーム彼は、けなげに追いかける。

ピンク新入りは追いかけませんでした。これが結果なんですね。

元の茶とクリームは、定位置に戻り何もなかったように動かなくなりました。

店主達はその一部始終を見ていたのでした。

すごーーーーーーーーい、恋愛ドラマでした。

っつうか、そんなに速く動けるんだーというのが驚きでした。

何色の子供が生まれるのか楽しみです。

今後も目が離せない事態になってきました。

 

 

そして、アメッドへ移動。

こちらも海況がよく水温28℃。透明度は20m。前回の透明度50cmだったのがウソのようです。

全部、見える!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K子ダイバーも水中カメラが楽しくてしょうがない感じ。

 

                                                                                         

                                                           ツバメウオ、幼魚がわんさか。 

                                                           クリーニングステーションではかなり接近可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いたーーーーーーっ、イッポンテグリ!                                   セミホウボウのペアです。この他にも何個体か遭遇。

 

ウミウシもまだ多く、デバスズメダイのエダサンゴ、へコアユが棲むソフトコーラル、被写体がありすぎる・・。笑

オニダルマオコゼの成魚もすぐそこに。ビーチでは必ずブーツを履きましょう。

 

3日間、海況にも恵まれ最高のダイビング日和となりました。

 

打ち上げディナーは、K氏のリクエストで、アリーナレストラン。

その後は、今回の写真お披露目会(言い訳会)をワイワイ行いました。

また皆さんで潜れる日を楽しみにしています。