投資調整庁(BKPM)主催の会議へ参加

外国人投資会社(PMA)対象だったので、外国人が多いかなと思って店主は初めて参加しました。
しかし、30名中、外人は、オランダ人2名、フランス人1名、日本人店主のみ。あとは、マネージャーなどローカルばっかでした。

会議の目的は、複雑な許可手続きで困っていないか。
困っているなら、問題をこの場で打ち明け一緒に解決しましょう、と。
ほんとかな。

そりゃ、みんな困ってる。
いろんな許可が簡単に出ない。

インドネシア
汚職の国だし。

一社ずつ、状態を話す。
問題が現在ない会社の方が多かった。
このシステムじゃ当然。
それぞれの会社だけど、似たような問題抱えてるのねーみたいな。ふむふむ。

しかし、それをせめるのではなく、そういう問題をOPENに話してもらって、一緒に解決しきましょうというのが今回の会議の意図。
インドネシアが少しずつ、発展、きれいになってきているのをはっきり感じた。嬉しい。

なんだか、役人が働くようになってきたんじゃないと思う今日このごろ。

がんばれ〜、スシロバンバンユドヨノ大統領。