昨日は雨でどよーんとした天気の一日でしたが、今日は晴天。日曜日なので、交通量が少ない中パダンバイへ。クターパダンバイがあっという間。ただ、パダンバイは交差点信号前でまさかの大渋滞(青で3台ぐらいしか進まない秒数・・・設定を間違えたとしか思えず:冷汗)。

やっと信号を無事通過すると、更に新たな渋滞が・・・。田舎なのに大都会並み。なぜ?先日のバリ島強風悪天の影響をまだ受けているパダンバイ港。道路一車線が完全にフェリー乗り込み待ちトラックが長蛇の列。これお気の毒・・・。原因は、フェリー乗り場2つのうち、1つしかOPENしてないから。更に、フェリー自体の本数も激減だから。フェリーも整備中だという話です。港までの道は、長蛇トラックが壁のように占領しているため、一車線しかスペースがないので大渋滞。いつになったら通常運行になるのでしょうか。もう3週間です。

 

ゲストは、埼玉からお越しのK子さん(52歳)。ご主人、娘3人とは別行動の一日でダイビング参加となりました。母親がダイバーってかっこいいですね。K子さんは、8年ぶりのダイビング。最後のダイビングが2004年。久しぶりだったので、1本目は基本スキルをチェック&浅場をファンダイビング。

やはりダイバーなんですよね、体が覚えています。全く問題なく、2本目は普通にダイビング。

 

バックロールエントリーが気持ちいい!

 

 

中性浮力も素晴らしい。

 

 子供コブシメと遊びました。

 

流れも数箇所。 

 

水温は28度で温かい!

 

透明度も嬉しいことに20m弱。リーフフィッシュ、モンハナシャコ、カクレクマノミ、ハナヒゲウツボ、ウミウシ、キリンミノ、オニカサゴ幼魚など。K子さんが水中で惹かれたのは、大きなゴマモンガラ。この時期危険なので近づかないように。

水中以外は、K子さんとガールズトーク炸裂。渋滞車中、水面休憩、ランチ・・。初めて会った気がしないゲストでした。楽しい時間をありがとうございました。