乾季で朝晩冷えるバリです。
昼間は暑いんですけどねー。
ダイビング後は風にこたえます。

ブルーパラダイスのお客様たち、50ダイブ目指して、100ダイブ、500ダイブを目指して潜り込んでいるようでうれしいです。自分に小さな目標を設定して、それにゆっくり近づいていくって幸せなことですよ。年齢に関係なく、店主も頑張ろうって気にさせてもらえます。

さて、風は強いですけど、先週は海況よかったです。トゥランベン、すご〜〜〜〜〜いダイバー数。しかし、アジア系が一人もいない。西洋人ばかり。街のように沈船が混んでいました。サンゴは壊さないでね。

さて、アップが遅れていた子ガメプロジェクト。
これ、お友達の案で実現したプロジェクト。
店主も応援していきたいと思います。
===================
6月1日から11月30日までの期間、毎水曜・日曜、開催中!

*“子ガメ放流”に参加ご希望のお客様は、ビーチクラブクルーズ、リーフクルーズに先ずはお申し込みください。

*子ガメ放流は、産卵時に合わせて6月から11月までの期間中のみとなります。

*子ガメ放流にご参加されるには、お一人様・US$10が必要です。レンボンガン島のポントゥーン(浮き島)またはビーチクラブにあるフロントにて予約をお願いします。

*ご参加いただきましたお客様全員に
○バリ島に生息しているウミガメについての情報シート(日本語文)
○子ガメ・アダプション証明&感謝状
○子ガメのバンドをプレゼント

*子ガメ放流場所は、レンボンガン島、ビーチクラブからさらに奥へ入った静かなビーチとなり、バリハイトラックに乗ってそこまで行きます。

*皆様からの参加費用は、全て100%寄付されます。
○亀を愛して止まないバリ島西海岸沿いにある村へカメ保護、カメ人口探求の為の情報収集、孵化場の建築と維持のために。
○バリ島やレンボンガン島の学校教育のために。

———ウミガメたち———

恐竜時代以前に遡り1億5千万年間もの間、生息しているウミガメたち。しかし、現在、世界中に生息しているウミガメたちは危険にさらされやすく生き辛くなっています。
バリ島付近を住処としているカメたちもまた危険にさらされています。こういった状況を出来得る限り救っていこうと、何十年にも渡ってレンボンガン島におけるマリンパーク会社として培ってきた経験、地元の人たちとの協力な絆を生かし、海洋生物学者を迎え、共同プロジェクトとして立ち上げました。
あなたの手で、子ガメたちの第一歩を、日本から遠く離れた小さな島・レンボンガン島から旅立たせてあげてください。