昨日に引き続き、たくましい若者KくんとYガイドがトランベンへ。本日も贅沢プライベートダイブ。行きは、ゴアラワ寺院付近で1時間の大渋滞。足止め食ってしまったようですが、ここはお祈りが多いバリ島。たまにぶつかります大渋滞。

トランベンは、波なしですが、透明度は若干悪く15m。水温28℃で快適ダイビングだったようです。Kくんにとっては、初のギンガメアジ・トルネード。スーパーホバリングを保ちつつ、5分以上ギンガメアジに巻かれながら、その迫力を堪能したそうです。至福の時。体育会系のKくん、真横姿勢のホバリングに挑戦したいとYガイドと深度を変えて練習もしたそうな・・・。ほんと熱心なKくん。日本の未来は明るいですよーーー!!

夜は、店主も参加して打ち上げ in warung pojok 豚尽くし。Kくんの大学時代の寮生活を聞いて鳥肌たちました(体育会系)。感動。徴兵に匹敵するぐらいハードな規律の中での練習&学業両立。店主にはできない生活をやってきたんですね・・・。こういう若者がいると日本の未来は上向き。時代は変わりました。

これからバリ→メダン→シンガポール→バングラディッシュ→エジプト→タイ→ラオス→ベトナム→カンボジア→韓国→大阪→東京という経路で進み続けるKくん。バリでの貴重な時間、ダイビングしてくれてありがとうございます。無事に日本へ到着すること心から祈っています。

*バックパッカーのバイブル、『深夜特急』をまた観たくなった店主です。