まだ先ですが、第3回カポポサン島ダイビングツアー企画が着々と進んでおります。

11月19日〜22日、3泊4日で催行決定です。今回はリピートが多く、残り2名様となっています。そろそろ埋まってしまいそうな勢いです。

カポポサンって本当にカリスマ的な魅力がある不思議な島です。今年5月のカポポサン島ツアー

店主にとっては、第二の故郷スラウェシ島にまた行けるなんて幸せです。ま、お仕事ですが・・・笑。

 

そんな訳で航空券を本日購入してきました。本当は昨日が発券リミットだったのですが、ダイビング帰りに渋滞に巻き込まれ間に合わず。店主の元教え子が働く旅行会社なので、1日遅れてもよいということになりセーフ。冷汗  独立記念日で旗日のインドネシアなのに、営業している旅行会社があるんですね。驚き。

今回も前回に引き続きガルーダ航空で飛びます。バリーマカッサル間は、ライオンエアかガルーダ航空しか選択肢がないのですが、ガルーダは、チェックイン荷物が20キロとダイビング器材15キロの35キロがチェックインできることが魅力です。ライオンはチェックイン25キロまで。10キロも多く運べます。

夜は、スラバヤの潜水チームと夕食でした。サヌールのオススメレストランARENA。和牛ステーキを一口味見させていただきましたが、若干、筋が残りつつもやはりとろけるうまさ。そして、感動もののイチゴラッシー。イチゴが濃厚。ダイビングの真面目な話から、お馬鹿さんな話まで4人で盛り上がりました。前回の教訓もあり、長袖長ズボンで挑んだARENAでしたが、外の席をうまくゲット。快適温度でした。ダイバー仲間は楽しいですよ。ARENAですが、西洋人とローカルで満席状態。人気なんですね・・・。