5月〜6月、オープンウォーターマニュアル、RDP、クイズ、テスト問題のインドネシア語版が発売されます。ここ数年、タイ語の教材がでてきたりしていたのですが、こんなに早くインドネシア語のマニュアルが発売になるとは思いませんでした。これで、PADIでもインドネシア人がインドネシア語の教科書で勉強できる!!やった〜〜〜。

これまで大半のインドネシア人は英語のマニュアルを使っていたわけです。そんなに英語分かってないですよね。話せるけど読解は苦手ぽいです(日本人の逆)。ライセンス取得にマニュアル購入が必須条件になって以来、このような批判が多く出ていたのは確かです。店主は大昔、英語のマニュアルでオープンウォーターコースを勉強したので苦労しました。

また、最近バリ島でも急成長をとげているダイビング指導団体 SSI(Scuba Schools International )がありますが、そこにはインドネシア語教材があったわけです。それも売りで、インドネシア人イントラなどは、PADIからトランスファーしたり、いろいろな話がきかれます。だからPADIは、インドネシア語に着手したのかなって思っています。どうせやるなら、イントラマニュアルまで全部作ってもらいたいですね。