この前、ゲストとダイビング打ち上げディナーをしたレストランを紹介します。 これまでサヌールのあちこちを一緒に食べ歩きましたが、今回は、帰りの車の中から渋滞に少々イライラ気味だった店主は『今夜は絶対にお肉だ。しかもステーキぽいものが食べたい。』と決めていたのでした。普段あまり肉を食べない店主ですが、完全肉モードに入っていました。訳の分からない渋滞のせい?ステーキは、ここインドネシア生活では一般的ではありません。きゃー久しぶり。

さて、サヌールのホテル近くでおいしいステーキが頂けるところというと・・・・ゲスト様がまだ行ったことない『アリーナ』だと思いつきました。大昔、一度入ったことがある程度・・・西洋料理が充実していた印象があるので行ってみることにしました。スポーツバーでは有名ですね。

残念ながらカメラを持っていかなかったので写真はありません。レストランに入ると、おさえ気味の照明で、スポーツバーらしく、TVモニターがあったり、ビール飲みながらビリヤードやってる西洋人やら、アジアであることを忘れさせてくれる造り。たまに西洋の風もいいなぁ・・・。客層は西洋人客が8割。

メニューを開くとだーーーーーーーーーーーっと並んでいて、脇に国旗表示があるので、どの国の食べ物なのかすぐ分かります。シーフードもあり、パスタもあり。ステーキといっても種類がありすぎて迷う迷う。グラム表示もあり、焼き方も選べて、サラダなどのドレッシングも豊富。スープもサラダも大変充実しています。和牛も安価でありました。実質オーナーだと思いますが、アドバイザーとしてヨーロッパの方が常駐のようで、さすがに料理は満点。激ウマ。そして、大食い店主に大切な『ボリューム』、これも満点。お肉200gにポテトが付いているのにご飯を追加した店主。もちろん、完食。さすがに、お腹がはちきれそうになりました。デザートまでたどり着けず。

味&量 共に満点なのに、値段も意外と安い。飲み物入れて税金入って店主はRp.100.000(1000円)でお釣りが。味にうるさいゲストも、味、量、値段に驚いていました。アリーナにしてよかった。スタッフの対応も素晴らしいです。店主が思うに、サヌールで最もおいしいかもしれませんね。灯台下暗し、新鮮でした。アリーナは量が多いので、店主はよく食べる男性と行きたいレストランです。真夜中のお茶でもいいかな・・。

ただ、店内はエアコンがききすぎています。寒くて寒くて長居できなかったのが残念。体の芯まで冷えました。厚着で行くことお勧めします。

壁にかけてある昔のバリ写真が素晴らしい!あれは必見です。もっとゆっくり鑑賞したい写真がずらり。恐らく時代は90年ぐらい前のバリ。タイムトリップできる写真ばかりです。

アリーナ http://www.arenabali.com/home.htm

1時までOPEN サヌールバイパス沿い、ピザハットの並びです。