仙台からやってきたバリベテランのふみさん。彼女とムンジャンガンへ行ってきました。タンジュンブノア泊だったので片道4時間!もうすぐ断食明けの大祭があるため、道中、ジャワへ向かう帰省バスを何百台見ただろう・・。人間だけではなく、牛もバリからジャワへドナドナされていました(大祭で捧げられる)。< ?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />lass=MsoNormal style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

2年間ブランクのあるふみさんは、始め緊張気味でしたが1本目ですぐ感を取り戻し全く問題ありませんでした。このところの暑さで水温が30度と暖かく、寒がりの私でも快適なダイビング。天気もよく、透明度もよくかなり恵まれました。イーグルレイ、カメ、サメ、グルーパー、イカの子供たちなどなど。「ありがとうございました。とても楽しかったです」と別れ際に涙したふみさん。実は私も運転手マデももらい泣きそうになりました。そういう温かい言葉で疲れもぶっ飛びます。マデへの心遣いにも感謝しています。次回のバリはダイビング三昧にしたいというふみさん。再会が楽しみです。