少し前に噂で聞いていた焼き芋屋さんへ、本日行ってみました。名前は、Ubi bakar madu Cilembu。バイパスジンバランの方が本店で、サヌールにはこの度、支店としてオープンしたばかり。場所は、この前までインド人が経営するカレー屋さんがあった場所。インドカレー屋が減って行くのは寂しいけど、この焼き芋屋さんの出店は嬉しい!!

ubi:いも

madu:はちみつ

名前の通り、とーーーーっても甘いサツマイモです。この西ジャワのCilembuでとれるサツマイモが最高級なんだとか。食感は、日本の焼き芋のホクホク感ではなく『しっとり』です。甘さは日本と比較すると、このubi maduの方が勝ります。この素材そのままで、日本のスイートポテトを食べているよう。

1キロRp.25.000(約250円) 店頭のオーブンで90分ほど焼きます。

これは生の状態。1キロRp.15.000(約150円) 店主初めて見ました。ふかすとどうなるのか、試してみます。

今日は、焼き芋1キロ、生の芋1キロを買ってみました。生の方はビニールに入れてくれるだけですが、焼き芋の方は1キロ買うと新聞紙に包んで、竹のバッグに入れてくれます。これがステキ。健康なおやつができました。お土産にも喜ばれると思います。

Ubi bakar madu Cilembu

Jl. Hang tuah 空港からバイパスサヌールを走り、ケンタッキーを左に入ります。最初の三叉路越えてすぐ右手。黄色い看板が目印で、芋が山積みなのですぐ分かります。元インドカレー屋跡地。

9:00-22:00