昨日、オープンウォーターダイバーコースの海洋実習のため、1泊2日でリクエストだったトランベンへ向かいました。生徒さんは、昨日より引き続きスラバヤ在住Nさんと体験ダイビングで参加の奥様T子さん。勉強は進んでいるし、プールも問題なし。天気もいいし、あとは気になる海況のみ。風が連日ビュービュー吹いているので気になっていたのです。トランベンに着いて・・・・海をまず見ると・・・

ひぇーーー、波が高い・・・

しかし、それでも朝よりはおさまった方らしい。入れないほどではありませんが、生徒のNさん大丈夫かしら???2ダイブ入ってみて、エントリー&エキジット大成功!!水中は、大波のせいか、うねり、砂の巻上げ、透明度は10mない程度。前回の体験ダイビングと驚くほど海況が違っていて、Nさんも驚きの様子。しかし、そんな水中でも、落ち着いてスキル達成をこなすNさん。中性浮力は研究に研究を重ね、初心者にありがちなサンゴに触ってしまったり、砂の巻き上げたりが一度もありませんでした。慎重派で努力家。大きなナポレオンとカンムリブダイを間近でゆっくり観察。難しいブルー中層でのホバリングでギンガメアジの三連も観察。美しすぎる。

そして、夕方、波がだいぶマシになった頃、奥様T子さんの体験ダイビング開始。皆様のご協力でエントリーできたものの、フィンをつける時に留め金が落ちたもよう・・・。フィンが1本使えなくなり急遽、店主は波打ち際まで戻り、ハラハラドキドキのご主人より新フィンに交換。フィンサインを読み取ってくれたご主人の機転に感謝!いざ波の外で潜行してみると、今度はT子さんの右耳が抜けない・・・涙。3回試してみましたが、やはり右耳。うーん無念。

で、ここで断念するのかと思いきや、『せっかくだし、顔つけて水面でこのまま泳ぐ練習してもいいですか?』超ポジティブな発言。場所はちょうど大波を避けて沈船の上。だけど、透明度が悪いので、あるはずの沈船が全く見えない。涙   そこでぱしゃぱしゃ45分。海の真ん中で浮いたまま、世間話をしたり、空を眺めたり、落ち始めた夕日を見て女二人は感動をしていたのでした。『水が怖かったのに、私慣れてきたみたいです!』めちゃ元気になり、泳ぎ始めるT子さん。店主、それ見て大笑い。なんて明るい奥様なんだ!しかし、岸は波が立っていて、陸側から見ると店主とT子さんが浮いたまま戻って来ないし心配していたと思います。特に慎重派のご主人。模擬試験どころじゃなかったようです。エキジットは、これまた皆さんのお陰で無事終了。豪快な奥様と慎重派のご主人、結婚33周年でありながらラブラブでした。伝説に残りそうな体験ダイビング話で、その後寝るまで笑って笑ってまじ面白かったです。

そして本日、真っ赤な朝日を拝んでNさんと早朝エントリー。ですが、めちゃ波が高い。炸裂。エントリーですら、店主たち1度失敗。大きな外国人ですら、エントリーでこけてる。フィンも無くしてる。さてどうしよー。ちょうどダイビングを切り上げ上がって来た人たちが『沈船が見つからないほど透明度悪い。水深40mじゃないと何も見えないから止めた方がいい。視界は30cm』  それ聞いて、あっさり決定。準備万端でしたが、ポイント変えましょう!アメッドへ電話すると、『波は高いが、ダイビングはできる』という評価。ここよりはましでしょー、移動開始。

アメッド・ジュムルックビーチ、波とうねりはありましたが、トランベンに比べれば全然小さく安堵。ご主人の海洋2ダイブ、問題なく終了。祝・オープンウォーターダイバー!奥様の体験ダイブも本人の希望でやってみましたが、今日は一発で耳が抜けた!これ店主とても嬉しかったです。念願の『魚をたくさん見たい』が達成できました。ヒメツバメウオの群れ、何百匹が浅瀬でキラキラ・・・うっとり観賞。

海況には全く恵まれなかった1泊2日でしたが、笑って笑って何だかすごーく楽しかったです。なぜ?ゲストの物事の見方・受け取り方。プラス思考ってすごい。『人生一回、楽しまなきゃねー』奥様の言葉が印象的でした。そして奥様を見つめる優しいご主人。至上最強、ラブラブ&ステキな人生観。またいつか再会できる日を楽しみにしています。

【6月6日、ご主人より写真が届きましたので追加】

波が少しありのアメッド。体験ダイビング入りました。      2日目なので余裕さえ見えるT子さん。

耳が抜けてよかったー!!                  そしてオープンウォーターおめでとうございます!!