店主、バリ島在住になってから、『バリ島観光』は極力避けていました。しかし、この度、妹を含めた知人らが会いに来てくれたからには、少しでも一緒にいたい!ということで、久々に同行させていただきました。妹は何度もバリに来たことがありますが、お友達は初バリ。

【1日目】

イタリアン『マッシーモ』でランチ 

→ インドネシア料理に疲れたら、ここは絶対行くべき!!

シデメン村アキコさんに来て頂いて、手相鑑定

→ 典型的な『さらわれて来た姫タイプ』の手相といわれてた妹。アキコさんの助言、店主にはよく理解できました。

ハーディーズ3階で足裏マッサージ1時間 

→ 気持ちよすぎて4人並んで爆睡。チップ入れても500円。店主は三叉神経部位が痛かった・・。

プラザバリでスアールアグンの『ジェゴク』観賞 

→ スウェントラ団長は相変わらずファンキー。公演終了後、妹たちを紹介し、サインもらって記念撮影。ヌガラで聞くのもいいけど、プラザバリでもかなりよかったです。

マイケルイントラと妹再会

→ 久しぶりでも金星人同士なので、波長が合う二人。

【2日目】

タンパクシリンのペジェン村へバリ人宅訪問(L子) 

→ 普通のバリ人生活を垣間見ることができます。親族が敷地に一緒に住むこと、台所やトイレが遠いこと、日本人には興味深々。 

セバトゥ抜けてテガラランのライステラスで田園ランチ 

→ 長いテガララン通りを上から下ってみました。絶景ポイントのカフェ『アランアラン』でランチ。座敷タイプで気持ちよかったー。

ウブドを歩く 

→ プリサレン宮殿→モンキーフォーレスト通り→ハノマン通り→ラヤウブド通りと長方形を歩いてみました。店主にはきつかった!!!けど、歩いたことでお店をしっかり把握することができました。

レゴンダンス・ラマヤナ観賞

→ バリ舞踊は、何回見ても好きです。

【3日目】

サヌールで3時間スパ(2500円弱) 

→ 個室なのにこんなに安くてご一行驚き。店主も便乗、とけました。

ワルンポジョック(屋台)で最後の晩餐 

→ それぞれに今後の生き方を話し合う。みんなバリをきっかけに何か変わること祈ります。

そして、妹のお友達らはそのまま帰国 別れ際にお手紙を頂き、ちょっとうるるん滞在記。

→ もっといてほしかった!!

【4日目】

まだいる妹と店主、ぐったり撃沈。猫含めて『川の字』就寝始まる。 

→ ダイビングも疲れますが、観光はもっと疲れるようです。

妹のリクエストでパダン料理をテイクアウト&ビールビンタン持って、お世話になっている近所のダイバーT夫妻宅訪問。 

→ 話し込んで夜中まで。バリ島へプチ移住生活を見てもらいました。

【5日目】

サヌールの新しいベーカリーでランチ。 

→ 近所に日本人のベーカリー!!嬉しすぎます。涙 おいしいのでオススメ。

お土産買い物同行して、店主、少し具合悪くなる。 

→ 最近、ハーディーズのエアコンが効いてないのはなぜでしょうか。空気がよどんでる。あんなんだと、熱中症になってしまいます。

マイケルイントラ、妹とクタのミラクルベジタリアンレストランへ。 

→ アスパラガススープうますぎ。器が大きいので、それとご飯だけでも十分な気がします。

カルフールに寄り、お土産買い物。 

→ 品揃えが豊富なので、妹も大喜び。

どしゃぶりの中、サヌールの『コピバリ』へ移動して、アイスカプチーノ。生き返る。

→ 久々の豪雨。妹も雨の迫力に驚いていました。

【6日目】

デンパサール郵便局へ小包受け取り 

→ またどしゃぶりで郵便局で雨宿り。貴重なスイスからのチーズの贈り物が、とんでもないことに・・驚。スイスチョコレートは再冷却で生き返ると思います。

ダイビングでバリ入りしたお客様にご挨拶 

→ 来週からのスラウェシ島遠征ダイビング、宜しくお願いいたします。 

タンブリンガン通り最後の買い物散策 いい店発見『レッドカミリア』 

→ ちょっと高級ですが、ステキな洋服や小物をゲットするにはいい店。灯台下暗し、知りませんでした。やはりボスは日本人。

ワルンポジョック(屋台)で食事

→ 250円でステーキは安いです。

2時間マッサージ+1時間クリームバス(1800円) 

→ 大満足の妹。最終日の締めは、やっぱクリームバスでしょ。女性なら『髪の毛つやつや』で帰国したいですよね。

最後の夕食がリクエストでパダン料理  

→ これでもかーっというぐらいパダンのおかずをてんこ盛り。炭火焼鳥はあっさりテイストで満足度高し。店主はいつも通り、牛干し肉のデンデン。

T夫妻・マイケルイントラが見送りお茶会 

→ 夜遅い出発前お茶会にこんなに集まってもらい、幸せ者の妹です。

前半はお友達らもいたので、観光に力が入りましたが、後半は店主のバリ島生活・潜るだけじゃなく裏の雑務など、妹も同行して理解してくれたようです。しかし、妹をどこに連れて行っても『肌の白さ』に驚かれていました。店主だって、昔は白かったんですけどね・・・。『本当の妹?』『同じお母さん?』の質問には笑えました。店主から母へのお土産は、ラーメン72袋(6種類×12袋)&バリコーヒー・トラジャコーヒー1キロ。運ぶのは妹。こんな店主ですが、懲りずにまたバリ島に遊びに来てくださいな!!