講習2日目はサヌールで初の海を潜る。昨日のプールでの練習成果を海でやる日。

ドキドキしてるんじゃないかな?なんて考えながら、宿へ迎えにバンドンのHさんを迎えに行くと・・・・。ヨガで一緒だったK子ちゃんやら初対面のYさんやら、みんなで朝食中でした。楽しそう!なんでみんなここにいるの?みたいな。嬉しい偶然!!女4人集まれば、ということで店主もテーブルに座らせて頂き、おしゃべりタイム。ヒーラー&セラピストのK子ちゃんには『店主さんの握手はエネルギーをものすごく感じる』と言われて、朝からハッピーな気分。その人の波動が握手にも表れるそうです。知りませんでした・・・。

さて、サヌールの海へ着くと、遠くのサーフポイント、めちゃ波が高いではないですか。カレンダーになりそうな巻いた波が左から右まで水平線に。で、ダイビングポイントも見ただけでもかなりばたついている。嗚呼、流れている予感。初の海なのに、かわいそうな海況ですが、練習できそうなポイント『シーウォーカポイント』へ。

4m砂地にシーウォーカーで歩くためのロープが数本、水平に引かれているので、つかみどころがたくさん。エントリー時はロープ放せませんでしたが、後半は流れが多少おさまりました。中性浮力とりながら、お魚ウォッチング。Hさん、終始落ち着いて指示された通り動いていました。さすがスポーツウーマン。2本目は、軽いドリフト程度の流れだったので、ビギナーズへ。相変わらず『魔女の海』のようですが、タツノイトコなどいて面白かったです。

ボートで水面休憩中、バリ人の一本釣りの人たちを見ていると、ある漁師に何かかかったよう。大物風で竿がものすごくしなってる。水面はみんな注目!えー、何が釣れたんだろう・・・・コショウダイクラス?と見ていると、意外に小さくミナミハコフグでした。『かわいそうなミナミハコフグ』と思いましたが、漁師さん、すぐに海に返していました。食べられないもんね。よかったよ。口の傷が深くないこと祈ります。

さて、Nさんはバンドンでは中学校の理科の先生。日本へ戻ると高校の先生。専門は理科・生物。ダイビング理論をこのたび勉強してみて、日本の高校での実験や教育現場で使える題材がたくさんあったとのこと。『なるほど』と思えることがたくさんあったらしいです。やはり新しいことを始めると、新しいアイディアがどんどん生まれるものです。嬉しい一言でした。

明日から、店主はトランベン方面でこもります。ワイワイ&気心知れたゲストたちと水中を堪能してきます。やっほー。