スラバヤのリピーターK氏&M夫妻とトランベンへ。
早朝発でしたが、一部バイパスはかなり冠水。

寝ていたのであっという間にトランベン着。
トランベンは快晴で、雨雲ひとつなし。

本日は、ナイトロックスで砂地マクロダイブです。
ベテラン夫妻は、準備も早い。
カメラ持って、即効エントリー。
ガイドは、バリ人Yに任せ、今日は店主もお楽しみダイブ。
海況は、湖のような穏やかさ。

夫妻は、ピグミーは何度も撮っているので立ち寄らず・・。
途中で分かれて、店主一人で独占ピグミーでした。
だんだん、流れが強くなってきました。
見上げれば、ロウニンアジもいるし。

 

 

クリヤイロウミウシの集まりが何組かあり。

 

レンゲウミウシも活発でした。

 

カンナツノザヤウミウシ

 

シムランスは緑と赤の2個体!!
これじゃ、ただの毛玉・・。
駄目だぁぁぁ。

 

スケスケフリルウミウシ

 

大きなフリソデエビ

 

3cmぐらいのカエルアンコウ

 

フトガヤミノウミウシ・・この子も活発でした。

 

3mmぐらいのウサギモウミウシ・・・頑張れず。

 

ゴージャスマツカサウミウシ・・・・撮っている時は気づきませんでしたが、上のは卵ですね!

 

オランウータンクラブは大小たくさんいました。

 

ホリミノウミウシの一種かな???

 

マツゲメリベウミウシ・・・初めて見た!
(実際はもっと赤茶)

 

なぜかこのエリア、異常にコクテンハギが多い。

 

ミノウミウシの仲間??

 

草原の馬だ~
この他にも、各種ウミウシ、各種エビカニ、アオリイカ子供たちの群れ、小さなタコ、3cmサイズのコブシメ、

ニシキフウライウオ幼魚、美しいハナハゼなど。

 

 

K氏とMさん、ナイトロックスで3ダイブ、十分楽しめたようで何よりです。
夜は遅い時間スタートでしたが、お肉で打ち上げ。
おいしいもの食べながら、ダイビングの話をあーだこーだ。
これ本当に楽しい時間です。
今日は朝早くから遅くまでありがとうございました。