東京よりお越しのHさん、はじめまして。
パダンバイの予定でしたが、透明度がいまいちとの情報があり、急遽アメッドへ。
渋滞もなくスムーズに久々のアメッド。

ささっと準備して、ささっとエントリー。
本日のアメッド、こちらも透明顔悪かった~~。
波なし、流れなし、透明度8m、水温28℃
深いところは緑色・・・浅いところが少し青。

イレズミウミヘビ

近くにチンアナゴや妊娠ヤッコエイもいました。

 

 

ハタタテハゼはあちこち

 

キンセンフエダイやグルクマの群れがいても写真は撮れず。

 

クロハコフグと目があった。
この他に、ミナミハコフグ、コクテンフグ、ネズミフグ、ハリセンボン、シマキンチャクフグ、キタマクラなども観察。

 

ウェイト1キロ減らして、生物観察の余裕が出てきたHさん。

 

ミドリリュウグウウミウシ、のーびのび。

 

アオミノウミウシの仲間。
極小キカモヨウウミウシなどもいましたね。

 

クマノミ・・・Hさんはサイズに驚き。

 

地味に人気があるコガネキュウセン。
青いのは、ゴールドベリーダムゼル。
バリでは、うじゃうじゃいます。

 

アメッド・ピンクの森が・・・
今日は脳に焼き付けます。
ヒメツバメウオの群れを探しましたが見つからず・・。
濁りがあったので見逃したのかと思い、戻りましたが、いつもの場所にいない。
あ~残念。
ですが、Hさん、魚影の濃さは分かって頂けました。
そんなんで、まったりロングダイブ。

 


車窓:バリ島の田舎

帰りも寝てたら、あっという間にサヌール着でした。
Hさん、今日はありがとうございました。