東京よりお越しのS氏、はじめまして。
そして、2日目の奈良O氏と一緒にパダンバイへ。

IMF・世界銀行会議が終わったと思ったら、今日はサヌールでトライアスロン。
早朝発でしたが、タンブリンガン通り車両進入禁止によりバイパスも大渋滞。
タンブリンガン通りくらいは通らせろと思います。
送迎ができない・・・。

 

パダンバイは快晴、海況は昨日より落ちましたがまだOK。
波少し、流れちょっと、うねりあり、透明度8m~15m、水温25℃~26℃。
ロングダイブだと少し冷えます。

アイゴがらぶらぶ行動でした。

 

動かないツバメウオ・・・そしてみんな黒い。

 

1年ぶりに潜るというS氏ですが、問題なし。
ベテランO氏は今日もカメラ片手に楽しそう。

 

アカヒメジ

 

ラッキーなことにコブシメの産卵に遭遇!!!
ここの珊瑚、もう卵がありすぎてここ数ヶ月は満室状態なんです。
それでも気にせず産み付けます。
10月は季節はずれだと思うのですが。

 

先日は、砂に立っていたlarge spotted snake eel。
すぐ近くにクモウツボも出ていて笑えました。
そっくり。

 

昨日見つけたアゴハタ幼魚。
まだいたので、しばらく見られそうです。
すでに生えている口の下にあるヒラヒラ弁がかわいい。

 

2本潜ってランチをとり、3本目です。

 

セソコテグリ?

 

クロヘリアメフラシ(8mm)
肉眼ではウミウシだと思っていました。
O氏は顕微鏡モードで楽勝。

 

今度は、子供アオリイカが1匹近づいて来るという不思議現象。
仲間とはぐれたのでしょうか・・・?
店主のバブルに近づいてきます。

懐いてくれたら、飼っちゃうよー。

 

 

残念ながら今日はウミガメなし。
でも、魚影の濃さはS氏にも分かっていただけました。
この他にもコノハミドリガイの群れ、ヘリゴイシウツボ、ベンテンコモンエビ、ブラックシュリンプゴビー2など。
S氏も水中カメラが欲しくなったそうです。

 

「両手に花」
エア持ちの良い紳士たちとのダイビング。
今日は、ありがとうございました。
楽しかったです。