S隊長率いるシンガポール組の2日目は、リクエストでヌサペニダへ。
本日は、昨日の体験組とは別行動で、ダイバーの皆様だけのご参加。
早朝が干潮だったために、1時間ほどビーチで待つことになりましたが、無事出発。
海外在住が皆さん長いため、こういうことも想定内のようで助かりました。
こちらは冷や冷やですが。

本日のヌサペニダ、天気も海況もよし。
波なし、流れ通常レベル、うねり通常レベル、透明度8m~20m、水温20℃~27℃

1本目、クリスタルベイ
店主はビギナーのAさん担当。
流れ経験もなく、中性浮力が危うそうだったので、前半は姿勢や中性浮力のコツを伝授。

イエローリボンスイートリップ

 

 

次から次へと

 

群れが来ます。

もうAさんは大丈夫そうなので、後半ベテラン組と合流。
その時には、もうベテラン組はマンボウを見ていたそうな。
同時に、店主の担当がY氏になりました。
Aさんはベテラン組に託します。

 

Y氏と店主はらぶらぶ状態。
一緒に観察したウミガメとタテジマキンチャクダイ。

 

 

ベテラン組にAさん付いて行けていますね。
この直後、またマンボウを見たそうです。

後から他のガイドに聞いたのですが、この辺りにオナガザメがいたそうな!

見たい。

2本目、マンタポイント
ちょっと温かくなり水温24℃。

祝・400本!!
S隊長、おめでとうございます。
この瞬間に立ち会えたことに感謝。

 

さて、一枚目はブラックマンタから。やった~。

 

浅瀬へ移動すると、次から次へ。
これは切り込み傷があるマンタ。

 

これは妊娠マンタ。もう産まれそう。

 

ぐるぐるマンタ乱舞
(マンタステーションは濁っていました)

 

店主のバディAさんも四方八方気にしながら、上手に潜れていますよ。

 

頭上行きます。

 

妊娠マンタとN氏

安全停止に入ると、ピンククラゲがいっぱい。
皆さん気をつけながら無事にエキジット。

今日は、出発のビーチからずいぶん一般警察官・海警察官が多いな~、海警察の潜水実習でもあるのかなと思っていたら・・・違いました。
バリ州警察本部長の奥様がファンダイブ。
水中では、派手派手ウェット&アニマル耳つきフードを被っていました。

それをずっと護衛する海警察ボートと海警察官。
一般市民のためにもこれぐらいお仕事してくれればいいのですが・・。

お腹を満たして、リクエストでドリフトダイビング。
3本目、SD。
ゆるーい流れで、のんびりドリフトダイビング。

大きなアラレフグ

 

景色がどんどん変わります。

 

珊瑚びっしり・・ずっと残りますように。

 

ウミガメが多かったです。
この後、S隊長たちはずっとウミガメと共にドリフトダイビング。

 

 

おいしい海なのでしょう。

 

デバの世界
皆さん、きれいにエキジット。
お疲れ様でした。
Aさん、2日間で急成長。

 

マンボウ、マンタ、ウミガメ、そして400本記念おめでとうございます。
皆さん、2日間ありがとうございました。
残りのバリ島時間を楽しんでいってください。