早朝より中部スラウェシ地震の安否メールを頂いています。
ご心配おかけして申し訳ございません。
ここバリ島は中部スラウェシより遠いので、大丈夫です。
全く揺れず、日本からのメールを今朝頂くまで知らなかったぐらいです。
それにしても、インドネシアも日本も自然災害が多いですね!
地球、どうしちゃったんでしょう。

切り替えて、今日もダイビングです。
5月にご来店頂いた埼玉A氏が、また来てくださいました!
今年、ダイバーになったばかりのそうですが、もうログ本数は50本。
はやいー。

朝は干潮だったため、少し出遅れましたが後はスムーズ。
天気もよく気持ちいい。

1本目 マンタポイント
波少し、うねりあり、透明度5m~12m、水温冷たい。

エントリー直後、すぐに通って行った!
最初からブラックマンタのようです。

そして浅いマンタの根では、マンタたちがぐるぐる。
ダイバーもいっぱい。

 

水温は21℃。
マンタを見たので33分で上がります。
さぶい。

水面に上がると、何かが起こったような気配・・・。
深刻・・・だ・・・な・・。

 

2本目 クリスタルベイ
波少し、流れ少し、透明度20m、水温は冷たい。
ダイバーが多いので、バブルではぐれないように・・。

 

マンボウ探しながら進みます。
冷たいのが来る来る~。
水温は17℃ →北海道の秋の水温に近づいてきました。
さぶい・・。
結局、ちらっとマンボウは通っただけのようです。

今日は極寒ダイブですが、ボートに上がれば太陽ぎらぎらで温まれるのは良いことでした。

 

3本目もクリスタルベイ
A氏、寒さに強いな~。

ムレハタタテダイも通る。
そして、水温は上がらず、18℃
さぶい。

 

 

オオモンカエルアンコウもいる~。
イソマグロも通る。

 

最後はツノダシに癒されました。

 

A氏、お疲れ様でした。
あれだけ潜れれば、先輩ダイバーです。
マンタはばっちりでした。
また来年、マンボウはリベンジしましょう。
今日はお仕事でお忙しいところ、ありがとうございました。