H子さん、M子さんの2日目です。
今日も渋滞は嫌なので、ご希望でパダンバイへ。

バリ人はまだバリ祭事で忙しそうです。
うちの運転手もついに田舎へ帰るためにお休み。

あっという間にパダンバイ着。
リピーターさんたちは、準備も早い。
そして、快晴の中にアグン山。
まだ全然ダイバーがいません。

 

本日のパダンバイ、海況よしです。
波なし、流れ2本目、透明度12m~18m、水温24℃~27℃

水中集合でエントリーです。
耳抜きをしておいてもらうために、M子さんを先に入れたら。
新兵器のお陰で耳がすぱすぱ、もう写真を撮ってる~。
すごい効果。

 

ハナヒゲウツボかわいい。
横にはクモウツボやウミウシもいました。

いやー、この辺は冷たい海水が上がってきてサーモクラインだらけ。
もう少し深場にいたかったですが、温かさを求めて深度を上げることに。

 

 

 

パダンバイにたくさんいるシマウミスズメ。

 

 

ミヤケテグリのペア

 

ニライカサゴ

 

癒しのゴールドベリーダムゼル

 

2本目、入ってみると予想より流れてた・・・。
ですが、今日のメンバーは大丈夫。

だーーーーっとドリフトダイビングをしていると、キツネフエフキの群れだ~。
最低でも12匹はいました。
カスミアジもなく、キツネフエフキだけで動かずこんなに群れているのは初めて。

 

 

ここはスカシテンジクダイごっそりです。

 

M子さんは水中写真、H子さんは生物観察。
2012年、こういう風に講習したんですね(しみじみ)。
立派になりました。

 

 

タルミ幼魚

この辺から流れが止みました。

 

 

ゴージャス・サンゴ五枚重ね。
先日の高潮でも壊れていません!

 

1匹ですが、パウダーブルーサージョンフィッシュ!

 

五枚重ねサンゴの下から出てきたウミガメ。

 

手前のウミガメを見ていたら、後方にもう1匹ウミガメ(小)が来た!!

 

1匹はドリー(ナンヨウハギ)!

 

ここのサンゴは長い~きれいだ~。

 

本当に水中は生き生きしています。

イソバナの根でエキジット。

浅めロングダイブ、お疲れ様でした。

M子さん、エキジット後、ボート上で『耳が抜けるってなんて素晴らしいの!!』と歓喜でした。
新兵器の効果はすごい。
紹介してくださったスラバヤK氏、ありがとうございます。

 

 

本日は辛いもの好き女子なので、全員ナシチャンプル!
左下のバリサンバル(サンバルマタではありません)、なんて美味なの~~。
これ、絶賛チリソース。
売っているなら買いたいな。

今日もありがとうございました。