朝から冷汗事件が勃発。
悪い時は悪いことが重なるものです・・。
異国でお仕事をするということは、日本とは違うストレスがかかります。
は~っ。
気持ちを切り替えよっと!

本日は、皆様をパダンバイへご案内しました。
東京よりお越しのA氏とSさん、はじめまして。
そして、一年前に奥様といらっしゃったW氏が嬉しいことにリピート。
今回はお一人様参加。
そしてそして、先日ヌサペニダを一緒に潜ったベテランK女史。

パダンバイの海況。
波少し、流れちょっと、透明度12m~15m、水温26℃~28℃
昨日より透明度落ちています。

店主は、リピーター組を担当させて頂きました。

1本目、ビアストゥゲルのさんご礁へ。
K女史が好きなアヤコショウダイがたくさん。

 

 

アカヒメジも群れ群れ。

タイワンカマスの群れやウミガメもいました。

 

ツノハタタテダイと美肌W氏。

 

2本目、ブルーラグーンからドロップオフへ。
バディの息もあってきましたね。

 

メガネウオだーーーーーー!!と思って近づいて行くと違いました。苦笑
大きなソデカラッパ(カニ)でした。
砂に潜るところを観察できたので良しとします。
この後、完全に消えました。

 

ハダカハオコゼ
ここでは、モンハナシャコやミヤケテグリも観察。

 

Large spotted snake eel

 

まるで交接中のように立ったままで荒い呼吸のタコ。
全く逃げず、一匹だけ。
この行動は何でしょう??

 

ヘリゴイシウツボ

 

立派なハナヒゲウツボがのびのび~。

最後は、サメ(ネムリブカ)が通ってゆきました。

誰も酔うことなく、ランチを完食。
元気に3本目です。
今日は、3本目のジェプンが一番きれいでした。

 

A氏とSさん組、小さな沈船へ。
お二人とも上手に潜っていますね。
A氏はGOプロ持参できれいに撮れたようです。

 

珍しくアイゴの群れ。

 

K女史は、久々のバリ島ラストダイブを堪能中。

 

キンセンフエダイの群れ。

 

 

またウミガメちゃん(タイマイ)。

 

すぐ違うウミガメちゃんがやってきました(アオウミガメ)。

フグ好きのK女史は大喜びのパダンバイでした。
美肌W氏、3ダイブでエア持ちが良くなり、かなり安定。
皆様お疲れ様でした。
今日はありがとうございました。
お話が楽しかった~。