本日はリクエストでトランベン日帰り3ダイブ。
早朝発でGOGO。
ゲストは、東京よりお越しのA氏&Eさんご夫妻、はじめまして。
そして、スマトラ島よりT氏が4ヶ月でリピート。
お久しぶりです。

本日のトランベン、波がある~~。
流れなし、透明度15m、水温27℃。

ファンダイブ組は、さくさくっとエントリーしてゆきました。
店主は、A氏の体験ダイビング担当。
ドロップオフでも、結構波があるけど、大丈夫かな・・?

きらきらのゴールドベリーダムゼル

 

 

実は体験ダイビング経験が数回あったA氏。
すんなりエントリーですよ。ヨカッタ。
生物観察行きましょ。

 

ウミウシのお尻

 

 

オックスアイスカッドの群れ(アジ)。
今日はカスミアジが1匹、びゅんびゅん割って入っていました。

 

A氏、落ち着いて観察。

 

 

 

キツネフエフキとカスミアジの共同ハンティング。
ギャング集団みたいです。

ファンダイブ組は、ピグミーやフリソデエビを見たそうな・・。
T氏はこれがカメラデビュー。
デビューでピグミーは難易度高すぎです。どんまい。

みんなでドナドナ。
インディージョーンズを味わえます。

 

恐る恐るリバティ号へ移動。
波はやっぱりある。
ロンボク島の地震が影響してか、また沈船から濁った水が出てきて一部透明度が悪いです。
それがなければ、透明度15m。

2本目も店主は、A氏の体験担当です。
沈船にうじゃうじゃ。すごーい。

 

 

ダイバーもいっぱいです。

 

 

パープルビューティー♀

 

深場にファンダイブ組発見。

 

ムスジコショウダイが一斉にA氏へ向かう。
見えません。

 

3本目、体験A氏とCカード保有奥様Eさんが一緒に潜ります。
体験ダイビング3本目ってのがまたすごいですが・・笑。
店主は、スマトラT氏のファンダイブ担当。
水中写真講習を兼ねて・・・そして、生物にどうアプローチするか。

 

リクエストで水中記念撮影。

 

まだ小さなオニカサゴ。

 

ウミガメの背中

 

ウミガメの付け根

 

カメラデビューのT氏。
いろいろ試しているようです。

 

ニチリンダテハゼとテッポエビ
このダイビング後、T氏は即効指示棒を購入。
そう、カメラ持ちは指示棒を持つべきですね。
ちょうど物売りお兄さんが、指示棒を売っていたのも奇跡。

 

 

A夫妻、発見。
体験のA氏、手を離して普通にダイビングしているし・・・笑。
もう講習を受けてダイバーになるべき!

いやー、波はありましたが、水中は楽しめました!
奥様Eさんも2年ぶりだったようで、カメラ片手に終始楽しそうにダイビングされていました。
そして、ゴロタ天然ホットストーンの活用方法を教えたら病みつきになったEさん。ふふふ。

昨日と違って今日は渋滞なしで、あっという間。
寝ていたら南部到着。
皆様、楽しい一日をありがとうございました。