実は、日曜日の朝からこれまでずっと電話が使えませんでした。店主はスピーディー(ADSL)を使っているので、ネットも使えず・・・。こういうの本当に困りますね。『ゲストからお問い合わせが入っていたらどうしよう』『あの返信来てるだろうか』・・・考え出すときりなく不安になっていきます。

原因は電話なので、日曜日の朝、苦情を言うために期待せずにテレコム社へ携帯から電話。そうすると、オペレーターが出た!日曜日でも働いていることに驚いた店主。やるじゃん。ただ、『遅くても3日以内にテレコムの者が伺います』と。あんた3日って、3日も待たせるのかよーーー!!これまでもこのパターンがありましたが、意外と早く来てくれてたので『最高待って3日』と自分に言い聞かせました。その日、日曜日夕方にも催促電話したけど誰も訪れず、月曜日誰も来た様子ないし電話も相変わらず不通。近所の人に聞くと、やはり不通らしいけど、苦情を出してないと。店主一人がネットできずにハラハラしてるわけです。きっと倒木か何かでこのエリア一帯が不通なのでしょう。

そして、本日3日目だしと思ったけど、まだ不通・・涙。早朝から、テレコム社へ督促&半切れ電話をしました。でも、出たオペレーターが今までで一番いい感じの人で店主怒りきれませんでした。そして信じられないことを言った。

『お客様の電話回線は、昨日復旧していると現場の方から報告を受けています』

えっ、ずっと不通だよ!絶対に今日中に何とかしてよー。そして、6時間後の昼過ぎ、電話開通。このようにネットがつながりました。インドネシアって、計画性がないし、順序もぐちゃぐちゃなんだけど、いつも最後のつじつまは何となく合う。約束通り3日以内だし。

そして、おかしな日としてもう一つ。今朝6時ごろから寝てられない電話量/SMS。店主の携帯がなりっぱなしなのだ。しかも知らない電話番号ばかり。最初は上記のテレコム社から電話かもしれないと思って受けていたのですが、なんか違う。きちんと目を覚まして起きて聞いてみると、みんな『私は土地を持っている』と言っているのだ。店主、土地探してないし、訳分からない。

昼過ぎに理由がわかった。バリ島で一番読まれている新聞『バリポスト』社からSMSが入った。

『申し訳ございません。バリポスト社のミタと申します。本日の広告欄で【土地の広告を出したい人は連絡ください】で間違えてお客様の電話番号を載せてしまいました。正しくはDr.Sofyan・08211−−−−−、電話を受けたらそのように伝えてください』

そうなのです。店主の電話番号をなぜか載せてしまったバリポスト。店主が早朝から『間違い電話だよ』と言ってたくさん切っていたので、その人たちからバリポストに苦情が行って初めて事態に気づいたよう。偶然なのかなんなのか??確かに2年前に、うちの消えた犬探しでバリポストは使ったけど2年前にですよーーー。

事情が分かったからには、鳴り続ける電話に対して正しい電話番号を教えてあげています。SMSで入れば、SMSで返信してあげています。本当はそんなことする必要ないんですけどね。1日で30件ぐらいは問い合わせありました。店主は、ただ疲れるだけ。無駄骨労働。それにしてもバリポストの効果もすごいね。そして土地持っている人多いんだなー。

電話に泣かされる日でした。とほほ・・・。