奈良O氏の2日目は、高波警報で延期になっていたヌサペニダです。
昨日、娘様がバリ島挙式を終えたばかり・・ですが、お父さんは海へ。
おめでとうございます。

1本目クリスタル
波少し、流れ途中で一時あり、透明度10-15m、水温25℃。
クリスタルなのに、ちょっと残念な透明度・・。
高波だったので仕方ないか。

立派なウミヘビ

 

O氏は、集中してカメラと動画です。

 

珊瑚がすかすか・・・結構、砂もかぶっちゃっています。

 

 

ウミガメは2,3匹。
帰り道にアゲンストの流れが始まりましたが、落ち着いていたO氏。
ベテランダイバーです。
結局10分ぐらいのアゲンストで終了。
すんなり戻れました。

2本目、マンタポイントへ。
波少しあり、流れ少し、うねりすごい、透明度5~12m、水温23℃

O氏、初のマンタはブラックマンタでした。
エントリー1分でマンタが現れてくれて助かりました。

 

3枚いるんだけど、浅瀬は砂が舞って真っ白。

 

深場でもコンスタントにマンタを見ることができました。
こういう透明度でしたが、O氏は大喜び。
よかった・・・!
ってか、23℃で寒くないというO氏。
すごっ。

 

ランチをとって、3本目!
酔わない・寒くない・流れに強い・スタミナも十分。
行ってきます。

 

3本目もクリスタルへ。
2回目のO氏、さくっとエントリー。
波なし、流れ少し、透明度3~12m、水温27℃
砂地は砂が舞って、真っ白。
その白い層が小さかったのに、エントリー直後広がってゆきました。涙
こうなるとマンボウよりマクロ。

あぁあぁあぁぁ、大きなテーブル珊瑚がひっくり返ってる。
やはり、ずっと続いていた高波パワーはすごかったようです。

 

バラクーダの群れ

 

珊瑚がぼろぼろ

 

 

珊瑚がびっしりだったのですが、あちこちなくなりました。

 

災害に遭ってもたくましく生きるフタイロカエルウオ

 

クマザサハナムロがびゅんびゅんでした。
ダイバーはほとんどなし。

 

右手がクリスタルベイです。
実は中央岩の上に黒いバリヒンズーのお寺が建っていたのですが消えました。
波で持っていかれたようです。
岩が崩れている・・。
クリスタルの珊瑚被害は深刻・・マンボウは大丈夫でしょうけど。

 

近所のサヌール交差点です。
ものすごい交通量なのですが、分離帯にわんこ発見(首輪あり)。
本人気持ちよさげに歩いていますが、店主は見ていられない・・・。
無事に渡れますように。

O氏、今日もありがとうございました。