東京よりお越しの3女子チーム。
皆さん、はじめまして。

 

幼稚園の先生チームです。
朝からノリがいい~。
皆さん、覚えましたね!
イ語:Guru TK 【ぐる てーかー】

 

本日のパダンバイ
波あり、流れあり、透明度8m~15m、水温22℃~27℃。
なかなか難しい海況!
しかし、女子は明るい。

店主は1本目、KさんとSさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
ブイがないとエントリーが難しい状況でしたが、ちょっと遠い。とほほ。
女子頑張って水面移動。
「一人ずつボートからボートへ渡る」、と言ったものの聞かない女子が約1名。笑

そして、ブイまでたどり着くと、みんな手が痛い。
なんとブイの水面下に白ガヤが・・・。

その後、「一人ずつエントリー」と言ったものの聞かない女子が約1名。
一人エントリーさせて、もう一人迎えに行こうと思ったら、振り返るとなんと一人で無理やり潜行してきてる!
BCDの空気を抜いてないのに2mぐらいまで降りて、満面の笑みでOKサイン。
すごーい、笑える~。

とどめに、彼女のフィンがなくなりました。
そこは視界が悪くフィンが見えない。どこだ??
水面ですぐに見つかったので良かったです。
船頭さん、ありがとう。

二人とも水中では落ち着いてとても上手でした。
視界が悪い浅瀬で、流れが変わりまくり、あっちへ行ってこっちへ戻ってのダイビング。

 

 

寝ているスジモヨウフグ、ニモ、クマノミ、ハナビラクマノミ、アオヤガラ、ヘラヤガラなどを観察。
二人とも「これ好き」ハンドシグナルの出しまくりでした。

女子はたくましい。

ファンダイブのA子さんは、写真を撮る気満々だったのに20枚ぐらいしか撮れなかったそうな・・・。
なんと「メモリーがいっぱいです」表示。
リクエストだったミナミハコフグの幼魚を見たのに、撮れずだったそうです。
深場は22℃まで冷えたそうな・・。

水面移動中、3人のリクエストだったウミガメ発見。
呼吸をしに水面で顔を出していました。

2本目は波が小さくなったブルーラグーンへ。
水面がばたばたしている割には、暖かくて、透明度もなかなか。

3女子で水中記念

 

休憩中に100枚ほどデータ削除をしたA子さん。
今度はがんがん撮ってください。

 

オジサンもクリーニングされます。

 

ハダカハオコゼが、らぶらぶ中。
根の中は、砂山ができてしまい狭くなってしまいました。
ハダカハオコゼたちはみんな外にいました。
最近の大波続きで、あちこち砂紋もいっぱい。

 

ドロップオフの深場で大きなコブシメ。

 

流れもなく穏やかなウォールでした。

 

深度を上げていくと体験ガールズ。
上手に潜ってますね。
ウミガメを見たそうな。

 

下はハナタカサゴの群れ。上はグルクマの群れ。

 

ウミヘビちゃん

 

またまた大きなコブシメ。
子供コブシメもいました。

 

小さなゴンズイ。クロユリハゼも撮れたかな・・?
お疲れ様でした。マンツーマンがっつりダイブ。

 

 

お疲れ様でした!
本日はダブルA子。

まだギリ島行きスピードボートが出発できないので、パダンバイの道路はがらがら。
いつもこうだと良いですが・・。

パダンバイが渋滞じゃなくても、幹線道路へ出るとやはり大渋滞。
大きなお葬式に遭遇して、20分~30分は動けず。
車から降りて、写真撮影。

 

うわー、これは何?

海での武勇伝、笑えますわ。
1本目は難しい海況でしたが、無事終了。
笑う場面いっぱいで、楽しかったです。
皆様、今日はありがとうございました。