奈良よりリピーターO氏が、2年ぶりにやってきてくださいました。
お久しぶりです。年2回ペースだったのですが、忙しかったようで・・。
本日はヌサペニダを予定していましたが、まだ高波警報だったためアメッドへ変更。
そして、本日早朝、地震があったそうです。
バリ島も結構揺れたそうです。
っが、すでにブルパラ号でアメッドへ向かっていたため、全く気づかず・・皆様からのメッセージで知った次第です。
お隣ロンボク島の被害が大きいようで・・心配です。

本日のアメッドは、海況抜群。天気は晴れ。
波なし、流れなし、透明度10m~20m、水温28℃。
ダイバーがたくさん。

高波警報のため、アメッドーギリ島へのスピードボートが長いこと運休していましたが、明日30日より運行開始するそうです。
浜がまた活気にわきますね。

エントリーでこの珊瑚!!!!

 

イレズミウミヘビの体を初めて見ました。
イレズミは、顔だけだったのですねー。

 

やたらいるヤッコエイ。
クリーニングは珍しい。
ってか、構造上、目しかクリーニングするところがない?

 

ハタタテハゼ、オグロクロユリハゼびゅんびゅん。
下にいる白いのは、ただ白いだけなのか気になります・・わからん。

 

ウミガメは2匹でした。

 

うわー、裏面

 

グルクマの群れ、大きかった~。

 

まだいたアオマスクのペア。
O氏はしっかり撮れていました。

 

アメッドは、イソバナが折れても育つのが早い・・。

 

ちびっ子スズメダイたち

 

これぞアメッド。

 

ヒメツバメウオは、いつも通り。

 

流れもなく、ゆっくりヒメちゃんたちと戯れることができました。
この他にも、ジョーフィッシュ、スミレナガハナダイ、タルミ幼魚、コショウダイ群れ、クマザサハナムロ群れ、アデヤッコ・・。

 

3本目は、ビーチエントリーでハウスリーフです。
エントリー直前、右手は引き潮のせいか陸上の茶色の水が入ってしまったので左手へ。
青と茶色がくっきり。
4日前の高潮のせいで、水中は地形が変わっていました。

トウモロコシの芯&オオウミウマ

 

全部で5匹!撮り放題。

 

子供サザナミフグが、店主目がけて一直線にやってきました。
そして、お腹の下で寝た!
店主のこと、動かないから銅像だと思ったのかな?
ちょっと、人間として感動体験。

 

立派に成長したオイランヨウジ。

 

シマキンチャクフグ幼魚と目があった。

かわいい。

 

アメッドは、イバラカンザシ(クリスマスツリーワーム)がいっぱい。
カラーバリエーションがすごくてため息ものです。
マクロダイブは、60分超えちゃいました。
O氏は、カメラとGOプロでがっつり。

 

ライステラスで途中下車。
手作業で作る芸術的な棚田は必見。

帰りは、なぜか3時間ぐらいかかってしまいました。

ってことで、ディナー直行作戦。
最近、はまっている近所の穴場。
このイカのおかずでご飯2つはいけちゃいます。

実は、O氏の娘様(一人娘)。
明日、バリ島挙式なのですー、泣かないでくださいね。
今日は、朝から晩までありがとうございました。