いつも海へ行く店主ですが、今日は用事あってバリ島内陸へ。
タンパクシリンのペジェン村へ走りました。
1年3ヶ月ぶり?久々にバイクで走ります。

9:30にサヌールを出発しましたが、サヌールでバリ人の大行進にぶつかりマクドナルド交差点でバイパス大渋滞&大混乱。
全くバイパスで進まず、車の運転手たちも車を降りてしまう始末。
今日はバリ人的に何の日なんでしょう?
1時間ちょっとで着く予定が2時間弱。
でも、レスタリさんちに無事到着。
数少ないバリ人女性友達であり(信用できる)、実はブルパラの監査役でもあります。

 

レスタリさんちに着くと恒例の伝統お菓子が出てきました。
腹ペコ店主は、3つぐらい頂きました。

 

ぺジェン村には、レスタリさんと店主、共通の友人がいます。
20年ぐらいバリ島在住日本人ですが、数ヶ月前に病気で倒れたのです。
彼のお見舞いに一緒に行くことに。

ぺジェン村と行っても範囲が広い・・。
北ぺジェンから東ぺジェンに行きたかった訳です。
レスタリさんがナビゲーションしてくれましたが、田園のアップダウン道路を迷う迷う迷う。
着くのか?15分くらいの想定が40分ぐらいかかってしまいました。
自然豊かな、すごい所に住んでいますな。

リハビリ中の友人宅には、バリ犬が4匹。
サヌールからのリクエストは、大盛りミーゴレンと大盛りビーフン。
一気に完食されました。
スパゲティは自分で作ってね。
そんなに麺に飢えてたとは。

 

2階から見える景色。下は川が流れています。
敷地は18.2アールだそうです。ひぃー。
インドネシア人の家だと18軒建ちますな。
日本風だと1アール=30.25坪
どれだけ広いかわかりますか。

 

バイクを停めた表玄関まで100m歩かなくてはならず。
これ、私有道路!
病気が早く治りますように。
意外と元気で安心しました。

 

今度は迷わずレスタリさんちに帰ります。
おとといまで、大雨でしたが晴れてくれて助かりました。

 

変な時間でしたが、お腹が空いたので途中でバリ伝統料理バビグリン。

変な時間なのに、バリ人でいっぱい。人気店のようです。
おいしいのは当たり前。そして、安い。サヌールでありえない。

これはレスタリさんの子供用(小1)。
小さくて野菜なし。

 

ふーっ、無事にレスタリさんちに戻ります。
近所の子供たちがサッカー中。
インスタント焼きそば作って食べている子もいます。
小学生全学年が揃って遊ぶっていいですね(昔の日本もそうでした)。
バリの子供たちは、ただ今1ヶ月のお休み。
日本の春休みのような・・これから学年上がります。

レスタリさんとも久しぶりに会えたので、お互いの近況報告。
そして、恒例のレスタリさんちの動物見学。

うわぁー、アヒルの子供たち!
市場で最近購入したそうです。
何羽かは脱走していました。

 

まだ産毛って感じ。かわいい。

 

大迫力のお母さんブタさんたち

 

13匹産まれて3匹は死んでしまったそうです。
この子達は産まれてまだ2週間。

 

これはお隣のお母さんと子供たち。
飲む!

 

そろそろ売られる立派なアヒルたち。
小屋が新設されているー。

 

今度はお母さん座って乳あげ。

 

 

 

子供たちにも性格がいろいろあるようで。

 

お母さんがどーーーーんと横になると、一斉に吸い付きます。
このお尻&尻尾!!
あぁ、ブタ観察面白い。
それにしても、なぜ「豚小屋」を「狭くて汚い家のたとえ」に使うのですかね?
豚小屋はとてもきれいなのに・・。

 

レスタリさんちの庭がどんどん素晴らしくなってゆきます。
ご主人が全部やっているそうな。
サヌールへの土産に、このアロエを一苗頂いてきました。
早速、庭に植えます!

慣れない土地・夜道のバイク運転は怖いので、夕方サヌールへ向かいます。

ギャニャール県のペンジョールは豪華だなぁ。
もりもりの飾りつけですね。

 

ゴアガジャを抜けて、有名な赤ちゃん石像。

 

スカワティ市場は大型バスで大渋滞。
そして、サヌールが見えてきました。
ほっとするいつもの景色。

 

そしてサヌールに入る前の見慣れた神様像。
観光客が写真を撮っていたので店主も真似てみました。
夕日が出ている時は、ためいきものです。

やっとぺジェン村へ行けました。
村の子供たちが「サヌールのおばさんいつ来るの?」と気にしてくれているのが嬉しいです。
もっと頻繁に行きたいものです。
久々に長距離運転だったので、ちょっとお尻が痛い・・。
バリ島の田舎もいいですよ。