ともこさん、かずみさん、お疲れ様でした。リクエストに沿って作ったスケジュールが超ハード。途中、体調を崩すこともなく元気にダイビングこなしてしまいましたね。スタッフ共々、お二人の体力、精神力には脱帽していますよ:-D

 

1日目

6時出発。ムンジャンガンで3本。1年のブランクがあったのでチェックダイブやスキルチェック。ディープダイビングで40メートルを経験しました。サメやバンプヘッドがいましたね。マリオの携帯は、水没したまま復活しませんでした。その後、3時間半かけてトゥランベンへ。その夜のトゥランベンでは、なんと22:30エントリーのナイトダイブ。そんな遅くのエントリーは私も初めてでした。お二人にとっては初ナイトダイブ。バンプヘッドがごろごろ沈船の中で眠っていました。

2日目

睡眠不足のまま、またまた早朝7:00エントリー。お二人とも水中カメラデビュー。この日は4ダイブ。運良く、満月沈船ダイビングでしたね。満月ばっちりでしたが、あまりのダイバーの数に驚かされました。ライトがあちこちから照らされ、沈潜がコンサート会場のようでした。まあ、ある意味幻想的な光景ですが。水中写真を披露しながら、夜、みんなで飲んだビンタンビールは格別でした。

3日目

ギリミンパンは、生涯忘れられないダイビングの一つになりましたね(笑)。昨日の満月のせいか、少々荒れ気味の海へエントリー。下はそれほど流れもないと感じ、シャークポイント辺りへ到着。まずはサメが1匹。バディかずみさんが、いい写真をゲット。そのすぐ後にサメ8匹が渦になってくるくるまわっているじゃないですか!と感動しているのもつかの間・・・・・急に台風の突風のような強烈な流れが90度方向へ・・・。ひぇ〜〜〜〜〜何これ〜〜〜。これはかずみさんと離れちゃいけないし、急浮上もいけない。二人で腕を組み15m付近の大きな石に二人でしがみつく。しかし、いくら待てど止まないし、益々速くなるように感じられました。力尽きてまた場所を変えて、腕組んでしがみつき。スロープの下のほうで、巨大な生き物が数頭泳いでいくのを発見。あまりの潮流に確認はできませんでした恐らくマンボウ(泣)。ヌサペニダ以上の潮流。あんなの経験したことありません。かずみさん、そんな中でもパニックにならず冷静でした。その後、テペコンで休憩。私しか見ませんでしたが、マンボウらしきでかいものがジャンプしました。恐らく今シーズン最後のマンボウになるかも。海が荒れていたせいか、ともこさんとうちのスタッフが船酔い。それでも二本目テペコンでダイビングしましたね。マイケルは感動していました。3本目は、ブルーラグーン。ともこさん、かずみさんがバディをしっかり組み、私たちをナビゲーションしました。二人とも意思疎通もうまくいき、すっかりたくましいアドバンスダイバーになっていました。

祝・立派なアドバンスダイバー!おめでとうございます。お二人とももう立派な自立したダイバーです。この様々なタイプの11本ダイビングは、絶対によい経験になることと思います。楽しい時間をありがとうございました。本当にタフな二人でした。