ただいま、2017年の確定申告シーズンです。
個人の確定申告は3月末までなので、昨日、デンパサールの税務署へ。
毎年ぎりぎりです。

去年と同じく、1枚フォームを書き込んで、所得証明を1枚添付で持っていくだけという簡単なコト。
待ち時間も入れて1時間で終わるだろうなんて思っていたら、また変わった。
毎年、よくこんなにコロコロ変わるなと思います。

まず1階受付で・・・
NPWP(納税番号カード)原本持って来ているか?
パスポート原本は持って来ているか?
えーーーっ、去年そんなもん必要なかっただろ!
e-filing登録済みか(個人用オンライン登録)?
まだよ。

・NPWP持参してない
・e-filing未登録
という付箋をつけられ2階で待たされる。

夕方、20人待ちだったので40分ぐらい待って呼ばれました。
どうやら、店主のe-filingの登録をする様子・・・。
ここ2年ぐらいe-filing登録をするように呼びかけていることは知っていましたが、極力、登録を避けてきた店主。
余計な登録ごとはしないに限る!→これ鉄則
しかし、今年からは、紙のマニュアル式申請を受け付けない方針なんだそうです。
だったら、確定申告用紙を配るなと思いますが。笑

e-filing登録は簡単で、その場でさささとやってくれました。
そして、次はログインして個人確定申告を担当職員と一緒にやります。
確かに簡単。
しかも、これまで必要だった会社発行の所得証明は不要なんですね。
そんな余計な疑問は口にしませんが・・。

 

 

オンラインで確定申告ができるようになると、1月~4月は激混みの税務署もかなり仕事が軽減されますね。

個人確定申告は、e-filingしか受け付けませんが、法人の確定申告はまだマニュアル受付OKだそうですがこちらも変わっていくのかな。
会社の方は、これから手をつけようかと思います。
締め切りは4月末。

 

税務署には、このような宣言があちこちに。
賄賂とか受け取りません、というイメージクリーン作戦。
警察もやってますね。
当たり前なんですけどね。
嗚呼、インドネシア