今日は雨が降ってない時見計らって、用事がありシンガパドゥへ。サヌールから25分と近いのですが、なんせ天気が悪いバリ。どうしちゃったのかな?前触れなく突然降りだすので、うちの猫ダコちゃん、ゆっくり用足しもできず困惑気味。オーストラリア、ブラジル、スリランカ・・・・世界各地で大洪水に比べたらまだまだいい方ですが。

途中、キンタマーニ犬(子犬)がぎゅうぎゅう詰められてるケージが2,3箇所。かわいい!いつかワンコが欲しいけど、まだ時期じゃないなぁ。そして、カラースプレーされた色鮮やかなニワトリのヒナ達が売ってる。実は、ニワトリも欲しい店主ですが、バリ人からは『汚いし臭くなりますよ』と止められているのです。ダコがヒナ食べてしまったらもっと悲しい。

バリ人Jeroちゃんのところへ着くと、突然の日本人来訪にワンコたちがゴンゴン吠えまくる。

【注意】ここバリでは、犬の鳴き声は『ワンワン』ではなく『ゴンゴン』。

ワンコ増えてるんじゃない?立派なバリの成犬3頭。その中で一匹、事故にあってお腹が裂けてた子犬が居つくようになり、先に飼ってたワンコと相性もよかったのでそのまま飼ってるらしい。これ珍しい。普通のバリ人、絶対に事故で動けないような子犬を引き取りません。お腹が裂けてひどい傷だったけれども、獣医へ連れて行く余裕はない。そこでJeroちゃん家族は、なんとチチャ(ヤモリ)を与えてたら傷が治ったというのです。

ヤモリってバリではどこにでもよくいて、壁の絵画裏や灯りの近くで蚊を食べてくれるやつ。とてもありがたい存在。それを見つけては獲って、傷が治るように与えてたそうです。科学的根拠はあるのでしょうか。トカゲを捕まえてその油が万能薬になってるぐらいなので、まんざら嘘でもないのかなぁ。

でも、Jeroちゃんたち真剣に語ってくれたので、そんな効用もあるのでしょう。店主はヤモリが大好きなので、それはできません。獣医へ連れて行きます。確かに、傷口全然見えないし立派な成犬。何を食べさせてるか聞くと、ご飯とニワトリの頭だとか。贅沢だ。普段、ニワトリの頭は4つでRp.1000(10円)らしいですが、今朝は10円で9個ゲットしたと大喜びのJeroちゃん。4つで10円も安くて驚きです。Jeroちゃんのところ来てよかったね!天国じゃん。

帰りは、強風攻撃。バイクがしんどかった・・。目の中にホコリというホコリが全部入った気がします。まだ、まぶた裏がゴロゴロ。明日治るかな・・。今夜も1時間に1度大雨が降り、風が強くて屋根が飛びそうなバリです。