どんより天気の中、パダンバイGOです。
本日のゲストは、ベトナム在住のAさんとK氏。
はじめましてー。

本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れ一部、透明度18m、水温27℃
濁りが抜けた!

Aさんはアドバンスダイバーですが、体験ダイビングのK氏と一緒に潜ります。
K氏も数回、体験ダイビング経験はあり。
やはり問題なしです!

 

9ヶ月のブランクがあり、最初はドキドキAさんでしたがこの表情。
楽しんでください!

 

K氏がときめいたマンジュウヒトデ。

 

 

コクテンフグ、スジモヨウフグ、そしてシマウミスズメ。

 

水中仏像の後は、アカククリ。

 

 

ミツボシクロスズメダイの群れ。

 

ウミガメポイントをきょろきょろすると、いた!
けど、かなり小さい個体。
そして、浅瀬へ向かっていったのでこれ以上近づけず。

 

アカヒメジ

 

 

最後は、K氏の手を離します。
砂を巻き上げないよう上手にダイビング。
心地よい海だったので、1本目からがっつり潜ります。

 

2本目はバックロールエントリーです。
いろいろ経験していってくださいな。

 

雨季ですが、今日はきれいですー。
しかも新月・大潮なのに。
海のコンディションは、データで読めないことがいっぱい。

 

 

このK氏の安定感!
後ろにアシストAさんがいるので、店主も安心でした。

 

 

ニモ人口密度低すぎ

 

 

アカテンモチノウオの正面やばいです。
すきっ歯4本、宇宙人顔。

 

流れて来たので、様子見します。
この落ち着き、いいな~。

 

 

ウツボがウォールを泳いで来て、K氏の前で止まった(見つめ合い中)。

 

 

グルクマの大群が行ったり来たり。
そんな中、Aさんの落し物アクシデントで、一瞬焦りましたが無事ゲット。
早く知らせてくれて良かったです。ラッキー。

 

ダイビング続行・・ここは流れなし。
K氏、体験ダイビングに見えないんですけどぉぉ。

 

実は、お二人とも 元 JICA協力隊員でした!
Aさんはガーナ隊員、K氏はジンバブエ隊員、店主はインドネシア隊員。
店主のかーなーりー後輩になりますが、海外では思わぬところで OB/OGはよく出会います。
Aさんも、何も知らずに申し込みだったのでびっくりです。
やはり共通の知り合いもいたり、店主もびっくり。
世界は狭い。

 

上:200,000ベトナムドン(ホーチミンさん) = 約900円
下:100,000インドネシアルピア(スカルノさん&ハッタさん)=約900円

 

~”ゼロ”の多さ自慢~
東南アジアで桁が多いのは、インドネシアルピアとベトナムドンです。
やはり、ベトナム在住のお二人にとっては、ルピアはそれほど驚きがありませんでした。

しかも!ハイパーインフレで有名なジンバブエで活動をしていたK氏。
『ゼロが14個』とか言ってるので調べてみたら・・
ゼロ14個の紙幣がありました。
100,000,000,000,000 Z$ (読み方:100兆ジンバブエドル)
因みに
1米ドル=35,000,000,000,000,000 Z$ (読み方:3京5000兆ジンバブエドル)
さすがにお金が紙くず化して、あちこちに捨ててありました。
2015年ついにジンバブエドルは廃止になったそうです。
そんなお二人にとって、インドネシアルピアなんてへっちゃらですね。

楽しい一日をありがとうございました。
思わぬ出会い。