愛知 I氏2日目は、ヌサペニダです。
サヌール在住のアドバンスダイバーMさんも参加です。
朝から太陽じりじりで暑い~。
12月の大雨はどこへ??

 

マンタポイント、穏やか、透明度10m、水温27℃。
今日もマンタは最初からたくさん見られました。

 

I氏もMさんも、初マンタとなりました。

 

 

カメラバッテリーがなんと空っぽだとーーーー!?
充電は間違いなくしてきているので、バッテリー自体が壊れたようです。
5枚ほど撮って、店主は終了。
この後、あっちこちからやってくるマンタと皆さんを至近距離で撮れたのになぁ。

 

 

クリスタルベイで水面休憩していると、一瞬騒然となりました。
パニック状態で流されているスノーケラー。
インドネシア人男性で、おでこにマスクをのせて溺れそう。
「マスクを顔につけて!」とボートクルーたちが声かけても全く言うことを聞かず。
ボートからロープを投げ「これにつかまって!」と言っても、「無理ーーーー」とあっという間に流されてゆきます。
そして、絶叫が2回

「どろーーん!!どろーん!!!」
*正しくはtolong (トロン:助けて)ですが、必死すぎてDolongでした。

上から見ていると、流れの先には他のボートがとまっているので大丈夫だと思いました。
そのスノーケラーが乗っていたボートを呼んであげて、事なきを得ました。
海パンにマスクだけで泳いでいたようです。
フィンもなし、浮き輪やライフジャケットもなし。
皆さん、気をつけましょう。

そのまま、クリスタルベイに入りました。
パープルビューティー

最初は穏やかでしたが、潜行して10分ぐらいで流れがスタート。
ちょっとダウンカレントも入って・・。
本来はまだまだ先へお連れしたいところでしたが、戻ることにしました。
(ほかのチームも戻る決断)

Mさん、余裕でぴったり付いてきます。
これまでのパダンバイやJettyでの経験が生かされている!
Mさんは雨女だと思われていましたが、今日は晴れ。

 

クリスタルはワイルドで荒々しいですが、やはりきれいです。

 

 

うまく安全停止までたどり着けました。

 

 

I氏とMさん、安定した1日バディ。

3本目はサケナンへ。
おとといよりはずっとゆっくりな遅いドリフトダイビング。
最後は、止まってしまいました。

タコ

 

 

上手ですー。

 

 

ゆっくり珊瑚の上を流れに乗ってゆきます。

 

 

サメ(ネムリブカ)も通ります。バラクーダもいましたね。

 

 

この珊瑚の群生!!
人間にとっては美しいですが、珊瑚の世界では珊瑚間での戦いだそうです。

 

湖のようなベタなぎエキジット
お疲れ様でした。

 

 


無事終了。最後まで天然でお二人ともサイコー!!!
I氏、2日間ありがとうございました。
Mさん、急成長です。