さて大晦日後半戦です。
潜り倒しK氏と店主は、トランベンからアメッドへ移動。

毎年、水中年越ダイブをトランベンに泊まって催行していますが、今年は9月中旬から始まったアグン山問題が勃発。
「今年は年越ダイブはないだろうな~」と思っていたら、潜り倒しK氏より先日連絡がありました。
どうやら・・・来るらしい・・・。
今年は人が集まらず、潜り倒しK氏だけ。
でもねー、バリ島がこういう状況下(敬遠されている)で、嬉しいコトでもあります。
もちろん、ブルパラ卒業生ですし、店主も楽しんでしまうことにしました。

ということで、第8回年越ダイブスタートです。
でも、アメッド催行は初めて。わくわく。

到着早々、当然のごとく、夕方1本潜ることになります。
海況が回復中。悪くない。透明度10mほど。

キカヨモウウミウシ

 

 

グロッソドリス・ヒクエレンシス

 

 

恒例年越グッズ!

 

 

次はナイト行ってきまーす。
明るいけど、18:30です。

 

 

オトヒメウミウシ・・・たくさんいます。

 

アメッドの大晦日もにぎやかでした。
どこかから音楽が聞こえていて、花火もあり・・・人々もビーチにいたり。
腹ペコダイバーは、今年最後のディナーをがっつり頂きました。

 

さらに
22時頃、レストランで年越そばを作って頂きぺろり。
おいしかった~。
これで年が越せます。

 

潜り納め、23:50エントリー。
良いお年を!

 

モクズショイ2匹が重なった!!

この辺りでカウントダウン開始、2018年になりました!
明けましたー、今年もよろしくです。
水中挨拶。
でも、すぐにナイトダイブ続行。
これが毎年楽しい!!

 

潜り倒しK氏は、撮りまくっています。

 

ヒュプセロドーリス・プルケッラ

 

 

カノコイセエビ・・・・でかーーーっ。
怖いので、店主はちょっと苦手・・・。

無事にエキジット!
水面でご挨拶。
2018年ですよ。
手早く後片付けして、1時ごろお部屋に入ります。

あ~、充実。