スラバヤ在住A女史の最終日。
ご主人の本帰国が突然決まったため、本当に今日が最後。
2週間前の特訓ダイブ、昨日はその成果がはっきり表れておりました。
身の周り準備から器材セッティングまで、言われなくても全て自分でサクサク。
今日は、店主と二人なので、のんびり純粋に楽しみましょう!

本日のパダンバイ、快晴。
波少し、流れ少し、水温24℃~26℃、期待していなかった透明度ですが割りとOK。
昨日より回復で10m~12m。ほっ。

A女史、きれいにエントリー!
チンアナゴやLarge spotted snake eelがお出迎え。

 

撮りにくいところにいる生物もこの通り。
いいですよー。

 

 

A女史が好きなオオモンカエルアンコウ・ピンクがこんなところに。
黒いのも近くにおります。

 

よく見かける各種魚たちの集合。
祝・1キロ減らして、安全停止成功!

 

 

アグン山登頂からは、ずっとこのようにちょっと煙が出ています。

 

ラストダイブです。

イソギンチャクが丸まる日

 

 

ヘリゴイシウツボ・・今日はウツボ、クモウツボ、サビウツボ

あれーーー、つながってる。
交接中だった。ごめんね、お邪魔様でした。

昨日とは違う水深10mで、またイエローフィンフラッシャーラスたちがびゅんびゅん。
浅くていいけど、撮れません。

 

ここら辺はカクレクマノミだらけ。

 

1キロ減らして安全停止を終えても、この余裕!

 

さんご礁が広がっていて、この後、デバスズメダイが外からやってきました。

 

 

次は、パダンバイにもあるイソバナの大きな根。

 

A女史とロングダイブ。
二人で水中であーだこーだいいながら、のんびり写真を撮りまくりました。
楽しかった~。
日本に戻ってもたまに潜ってくださいね。
ありがとうございました。