クリスマスに免許が切れ、無免許も精神的に悪いので、今日やっと西デンパサールの警察署へ行ってきました。前回は所要時間5時間、2年前は1時間。果たして今年は何時間かかるか?

遅くても1時頃までに行けば大丈夫というので、余裕持って12時半ごろ着きました。広い警察署ですが、すぐに知り合いの警察官発見。1年ぶりね!益々太って元気そう。

去年変わったというパスポート原本持参制度。しかし、今年は要らないらしい。『所長が変わったからもう要らないんだよ』と。去年の5時間待ちの刑は何だったんだ!!なので必要なものは、パスポートコピー、キタスコピー、STM(居住届け)コピー各1部。STMと似た書類はいつも別室で作成されていたのですが、STMで代用できるようになったみたいです。それを知らない店主はSTMを持参しなかったのですが、『あるよー、でも家にある。絶対ある。嘘つかない。』と言ったら信じてくれました。なので、別室で居住証明手続きもなし。店主が几帳面にパスポートに20万ルピアはさんでいたのが、バリ人的にはかなりウケタようです。警察署に入って、なんと5分足らずで大きな待合室に直行できたのでした。1時間かからないかも!!!

しかーーーし、待合室には人がごった返してる。疲れ果てみんな床まで埋め尽くして座ってる。手続きがスムーズに流れてないのは10分ぐらい見てて分かった。人が全然流れない。人の熱気で待合室はサウナ状態。番号札をもらうまで1.5時間待ち。こんなこともあるかもしれないと思い、アクアを持参しましたが飲み干した。飴も食べつくした。本は暑すぎて目が文字を拾えない。周りのインドネシア人らも『あー疲れた。あー暑い。』とため息が漏れてます。

やっと名前呼ばれた!店主499番。今度は499番を呼ばれるまで30分待ち。そしてやっと尋問・写真・指紋とりの小部屋へ。入って分かりました。PC数が半減です。4台ぐらいしか稼動してないのが大渋滞の原因でした。その手続きで30分以上。

ゴールの小部屋を出てびっくり、外が・・・・・またまた豪雨ではないか!!さっきまで快晴だったのに。人々が外へ出られず、また難民のようにごった返してる。もう3時半、店主は腹ペコすぎて死にそう。待ち時間で死ぬなんて嫌だ。食堂まで走ろう。30mぐらいなのにずぶ濡れ。しかし、4、5軒あるのにもう全部閉めるところ。叫びたい瞬間です。お湯はあるというので、雨宿りがてらコーヒーを頂くことに。体が欲しているのは食べ物なのに。

雨が少しましになったのを見て、今度は駐車場のバイクへ。ヘルメットも濡れてる。(涙)腹が減った、いざサヌールへ。西デンパサールから東デンパサールのサヌールへは、市内中心地を横断しなければなりません。ところが、水はけが悪いのが市内に入るにつれものすごい冠水。ひどいところは、膝下まで水位があるではないか!川の濁流と化した中心地をバイクで走る。ウォータースライダー状態です。バイクが動かなくなった方々は、道端に止まるしかありません。もうその状況に笑うしかありません。サヌールはあそこまで冠水するところはないのでご安心を。お腹が減りすぎた時は、いつもパダン料理。毎年そうですが、大変な免許更新DAYとなりました。今年の所要時間は3時間。出だしはよかったのですが、やはりインドネシアらしくぬか喜びで終わりました。

バリ島、雨降りすぎです。絶対、へん。

マイケルチームは、ムンジャンガンからサヌールへ現在移動中。どうだったのでしょう?